カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳鳴り >
  5. 耳鳴りが悪化するケースも?子どもの耳鳴りの原因の1つ中耳炎を予防する方法

気になる病気・症状

耳鳴りが悪化するケースも?子どもの耳鳴りの原因の1つ中耳炎を予防する方法

 

耳鳴りの原因になる身近な疾患が、中耳炎です。特に子どもは急性中耳炎を繰り返し発症することが多く、耳鳴りが悪化するケースも。中耳炎を予防することで、耳鳴り予防にもなります。

 

 

中耳炎の原因

中耳に炎症が起こる中耳炎は、大部分が細菌・ウイルス感染です。細菌やウイルスが、鼻やのどから耳の中に入ると、炎症を起こして中耳炎になります。子どもは「耳管」という鼻と耳をつなぐ管が太くて水平になっているため、鼻水が耳に侵入しやすい構造です。鼻水とともに細菌・ウイルスが侵入しやすいのに加え、子どもは上手に鼻をかむことができないのも中耳炎になりやすい理由です。

 

中耳炎予防法

「鼻水が耳に入らないようにする」のが、最大の予防法です。風邪などで鼻水が多い時は、鼻水吸引器を使ってしっかり鼻水を取るのが良いでしょう。もちろん風邪そのものの予防も欠かせません。

中耳炎の中には、肺炎球菌が原因で起こるものもあります。ワクチン接種は肺炎の発症予防だけでなく、中耳炎予防にもなるでしょう。

 

もし中耳炎を発症したら

軽い中耳炎なら、炎症を抑えるための抗生物質が有効です。症状が治まると服薬をやめてしまう人もいますが、処方された分は全て飲みきりましょう。中途半端な服薬では中耳炎が長引き、慢性化する恐れがあります。

中耳に膿などの液体がたまると、鼓膜切開をして排出しなくてはなりません。

いずれにしろ適切な処置をして、中耳炎を慢性化させないことが重要です。

 

 

中耳炎を繰り返すと耳鳴りが悪化し、難聴になる可能性もあります。微熱が続く、耳の痛みや耳の閉塞感、耳だれなどの症状がみられたら、すぐに耳鼻科へ行ってください。症状を上手く伝えられない小さな子どもでは、耳を気にして触る、ずっと機嫌が悪いなどの様子から中耳炎を疑います。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/06/09-022031.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳鳴りに関する記事

新しい耳鳴り治療!耳鳴りを気にせずに日常生活を送るための治療、TRTっていったいどんな治療法?

  耳鳴りには原因を取り除くタイプの治療法と気にしないための治療法があります。...

代謝改善剤やビタミン剤、筋弛緩剤など…耳鳴りの薬物治療の種類と効果とは

  耳鳴り治療では、原因に応じた薬物を投与するのが一般的です。薬物治療に用いら...


耳鳴りとは? 難聴との関係 ~伝音難聴と感音難聴

        耳鳴とは「自分の体の外部に音源がないのに、耳の中や頭の中には音...

必要な音を取捨選択する能力「カクテルパーティ効果」とは?ストレスと耳鳴りの関係

人の感覚機能は繊細で、さまざまな要因の影響を受けやすいといわれます。ストレスに...

カラダノートひろば

耳鳴りの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る