カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. セロトニン症候群 >
  4. セロトニンがリラックスに欠かせない理由とは?~セロトニンの分泌の作用~

メンタル

セロトニンがリラックスに欠かせない理由とは?~セロトニンの分泌の作用~

脳内の神経伝達物質「セロトニン」は、精神状態に深く関わっています。セロトニンの十分な分泌がリラックスには欠かせません。では、セロトニンの分泌によりどのようなメカニズムでリラックスできるのでしょうか?

 

睡眠との関係

寝起きに頭がスッキリせず、疲労感やいらいらを感じた経験はありませんか。セロトニンには、起床時に脳を覚醒させる作用があります。セロトニンが十分にはたらかないと、睡眠時間は足りているはずなのに、満足感が得られません。慢性的な疲労感につながるでしょう。

 

ストレス状態の緩和

セロトニンとリラックスの関係において、最も重要な働きがストレス(緊張)状態の緩和です。脳内には喜びや快感に関わるドーパミン、驚きや恐怖に関わるノルアドレナリンという神経伝達物質も分泌されます。この2つの作用をコントロールして、心を不安や緊張から保護するのがセロトニンの役割です。精神安定とリラックスには、セロトニンのはたらきが欠かせません。

 

自律神経を整える

自律神経には交感神経と副交感神経があります。両者がバランスよくはたらき、リラックスのためには副交感神経が優位になることが必要です。交感神経が優位になると、心身ともに安らげません。セロトニンは、交感神経と副交感神経のバランスを調整します。

自律神経が整うと、血圧やホルモン分泌、体温調節、呼吸、睡眠などが安定します。体調良く過ごせるため、リラックスしやすいでしょう。

 

姿勢保持

首や背骨など姿勢保持に必要な運動神経の細胞には、セロトニンが不可欠です。十分なセロトニン分泌で、姿勢保持のための筋肉と運動神経が活性化します。正しい姿勢がキープできれば、体のコリや疲れがたまるのを予防してリラックスできるでしょう。

 

心身ともにリラックスするためには、セロトニンがしっかりはたらかなくてはなりません。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

セロトニン症候群に関する記事

症状の軽重によって違う!症状の段階別にみるセロトニン症候群の治療法

セロトニン症候群の治療法は、症状の軽重によってことなります。症状ごとの治療法を...

ストレスに耐える機能、セロトニン神経!でもストレスによってストレス耐性は低下する!?

人体にはセロトニン神経というストレスに耐える機能が備わっています。この機能が正...


どんな薬が有効?セロトニン症候群が重症化した場合の薬物療法

  セロトニン症候群を発症しても、その70%以上は原因薬物の使用を中止すれ...

セロトニン症候群と間違えやすい~悪性症候群の基礎知識

  薬物、とくに抗うつ薬が原因で起こるのが、悪性症候群です。悪性症候群はセ...

カラダノートひろば

セロトニン症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る