カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 種類 >
  4. うつ病とうつ頭痛のポイントはセロトニン分泌にあり!?~うつ頭痛の特徴~

頭痛

うつ病とうつ頭痛のポイントはセロトニン分泌にあり!?~うつ頭痛の特徴~

 

うつ病では、体のさまざまな部分に痛みが生じることがあります。中でも多いのが、頭です。うつ病になった3~4割の人が頭痛に悩まされているそうです。これを「うつ頭痛」と呼びます。うつ頭痛は心因性の頭痛なので、効果的な治療薬がありません。そこで注目されるのが、セロトニンのはたらきです。うつ頭痛とセロトニンについてまとめました。

 

 

うつ頭痛が起こる理由

不安や恐怖など強いストレスが続くと、心身ともに緊張状態になります。脳内の血流が悪化し、頭痛が起こりやすくなるでしょう。うつ病の主症状には、不眠も含まれます。不眠は脳の働きを著しく低下させ、頭痛を誘発します。

 

うつ頭痛の特徴

うつ頭痛は心因性のため、脳の検査をしても異常が見つかりません。頭痛薬が効きづらく、服薬しても痛みが和らがないのも特徴です。痛み方はさまざまで、頭全体が割れるように痛む人もいれば、片頭痛のように頭の一部がズキズキ痛む人もいます。慢性的な痛みに悩まされるケースも多いでしょう。うつ頭痛は、うつ病のごく初期からみられる症状です。

頭痛とともに肩や首の痛みを訴える人もいます。

 

セロトニンとうつ頭痛の関係

そもそも、セロトニンとうつ病の発症には深い関係があります。セロトニン不足がうつ病の一因だといわれ、うつ病の人はセロトニン分泌が少ない傾向です。セロトニン分泌が変調をきたすと、脳血管の拡張・収縮にも異常が起こります。それがうつ頭痛の大きな原因ではないかといわれています。また、セロトニンは睡眠や精神安定にも関わっています。セロトニン不足で十分な睡眠がとれず、ストレスが高じるのもうつ頭痛を招くでしょう。

 

 

セロトニン分泌が正常になれば、うつ病とうつ頭痛の両方を改善することができるかもしれません。生活習慣を改善し、専門医にかかりながら、十分なセロトニンが分泌されるよう働きかけていきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/01-364378.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

頭痛の記録をつけることが大事?頭痛の診断方法

  頭痛の診断方法を説明します。   ●基本は問診頭痛の診断の基本となっている...

だるさや頭痛は冷房病が原因かも?~夏に起きやすい自律神経失調症~

  冷房病はエアコンによる体が冷えた状態で暑い室外に出ることで、温度差に体がつ...


もしかしたらあなたの頭痛は貨幣状頭痛かも?

  頭に生じる症状で貨幣状のものというと、円形性脱毛症を連想してしまうかもしれま...

頭痛の4タイプ症状を細かく紹介!あなたの症状はどれに近い?

あなたは頭痛持ちですか?日本人はストレスが多いからか、オーバーワークが多いか...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る