カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. セロトニン症候群 >
  4. 薬との併用がセロトニン症候群の原因に?注意したいサプリメント

メンタル

薬との併用がセロトニン症候群の原因に?注意したいサプリメント

 

セロトニン不足が不眠や精神の不安定を招くといわれ、セロトニンの十分な分泌が大切です。しかしセロトニンを増やすため、安易にサプリメントに頼るのは危険です。体内のセロトニン濃度が高すぎると、セロトニン症候群を発症する恐れがあります。セロトニン症候群を引き起こすサプリメントについて説明します。

 

 

セロトニン症候群の原因になるサプリメント

◆トリプトファン、5-HTP

神経アミノ酸の一種であるトリプトファンは、5-HTPという前駆物質を経てセロトニンに変換されます。トリプトファンと5-HTPは、「セロトニンの材料」といえるでしょう。過剰摂取や、抗うつ薬などとの併用により、セロトニン過剰になる場合があります。セロトニン生成には、トリプトファンのサプリメントより5-HTPのサプリメントの方が効率が良いため、セロトニン症候群のリスクも5-HTPの方が高いといえるでしょう。

トリプトファンは、バランスが良い食生活を心がけていれば極端に不足することはありません。肉や魚、大豆、乳製品などタンパク質豊富な食品からは、効率よくトリプトファンを摂取できます。穀類もトリプトファン補給に適した食品です。ほかの食品とのバランスが大切なので、トリプトファンを摂りすぎないようにしましょう。

 

◆セントジョーンズ・ワート(西洋オトギリソウ)

うつ病予防・治療に有用だと注目されているハーブです。錠剤やカプセル、ハーブティーとして広く出回っています。海外では軽度のうつ病治療にも使われていて、うつ病治療薬との併用で、セロトニン症候群の副作用が起こる可能性がまれにあります。

 

 

サプリメントの注意点

セロトニン分泌のため、経口で何かを取り込むのは要注意です。規則正しい生活、軽い運動、朝日を浴びるなどの生活改善でセロトニン分泌を促しましょう。

 

 

うつ病治療薬を服用中の人は、サプリメントの摂取前に医師に相談してください。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2012/05/23-362390.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

セロトニン症候群に関する記事

セロトニン症候群と間違えやすい~悪性症候群の基礎知識

  薬物、とくに抗うつ薬が原因で起こるのが、悪性症候群です。悪性症候群はセ...


セロトニンがリラックスに欠かせない理由とは?~セロトニンの分泌の作用~

脳内の神経伝達物質「セロトニン」は、精神状態に深く関わっています。セロトニンの...

カラダノートひろば

セロトニン症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る