カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 予防 >
  5. セロトニン分泌を促す生活が大切!セロトニン症候群予防はうつ病予防から

メンタル

セロトニン分泌を促す生活が大切!セロトニン症候群予防はうつ病予防から

 

セロトニン症候群を予防するためには、抗うつ薬などの用量と飲み合わせに注意するのが基本です。しかし薬への感受性には個人差があり、どの程度の服用で発症するかは分かりません。そこで、根本原因であるうつ病を予防することがセロトニン症候群の予防にもつながります。自分や身近な人がうつ病にならないための注意点を挙げます。

 

 

うつ病を発症しやすい環境

進学や就職、転職、転勤、引越しなど環境が大きく変化した時は、うつ病に要注意です。結婚や身近な人との離別、死別といった人間関係の変化もうつ病の要因になります。受験や仕事で大きなストレスがある、過労など身の負担もうつ病を誘発します。女性では、妊娠・出産による女性ホルモンの変化から「産後うつ」といわれるような、うつ症状を呈するケースもあるでしょう。

うつ病を発症しやすい環境にある時には、意識して休息を取る、気分転換を図るなどの配慮が欠かせません。

 

 

セロトニン分泌を促す生活

セロトニン症候群の原因薬物は、セロトニン不足を補うための薬がほとんどです。うつ病は、セロトニン不足と関わっています。日ごろの生活の中でセロトニンを意識すれば、うつ病予防になります。

 

◆睡眠

正常なセロトニン分泌には規則正しい生活、特に睡眠が重要です。ただ睡眠をたくさんとるだけではなく、起床後に朝日を浴びて体内リズムを整えなくてはなりません。朝日を浴びる生活は、セロトニン分泌を促します。

 

◆運動

軽い運動も、セロトニン分泌に役立ちます。30分程度のウォーキングがお勧めです。過剰な運動は、疲労物質の乳酸が蓄積してセロトニン分泌を妨げるため、逆効果です。運動による血行促進、リラックス効果も期待できるでしょう。

 

 

セロトニン症候群の原因薬物を服用しなくて済む、つまりうつ病予防がセロトニン症候群予防につながります。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/05/30-362826.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

画像で一目瞭然!うつ病が"見える"時代到来!光トポグラフィー検査※専門医コメント有

 日本では、一生涯のうちに「うつ病」を患う確率がある人は6~7%といわれていま...

うつ病の『見える化』が可能に!先進医療光トポグラフィーとは?

現在、うつ病の診断基準は問診によるものが主であり、客観的な指標が存在しないため...


誰かに共感することがうつ病対策

■うつ病にならないためにストレスに対する対策を準備することは不可欠です。 ...

ストレスを軽減させるために!脳のエネルギー源と構成成分ってなに?

日々のストレスの蓄積により、精神疾患などの発症原因となります。現代社会は高ス...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る