カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. 脳内物質セロトニンと糖尿病の切っても切れない関係とは?

生活習慣病

脳内物質セロトニンと糖尿病の切っても切れない関係とは?

 

脳内物質セロトニンは、自律神経や精神の安定に関わる重要な物質です。分泌不足は、心身の不調を引き起こします。生活習慣病もセロトニンとの関わりが深く、特に糖尿病の発症にはセロトニン不足が影響するといわれます。セロトニンと糖尿病についてまとめました。

 

インスリンとセロトニン

食後に急上昇する血糖値を下げるはたらきをするのが、副腎皮質から分泌されるインスリンです。インスリンがきちんと作用しなくなると、糖尿病を発症します。このインスリンの分泌を促すのが、セロトニンです。セロトニンが不足すると、インスリンも不足してしまいます。

 

不眠とセロトニン

活動している日中は血糖値が高めの人も、就寝中は血糖値が下がっています。スムーズな入眠には欠かせないメラトンという物質の分泌に欠かせないのが、セロトニンです。セロトニンが足りない人は、不眠症になりやすいでしょう。不眠症では、血糖値が高い状態が続き、糖尿病を招きます。

 

糖尿病・うつ病・セロトニンの関係

糖尿病患者のうつ病発症率は、そうでない人に比べてかなり高いといわれます。つまり、糖尿病とうつ病の両方を発症する人が多いということです。これにもセロトニンが関わっています。

インスリンは、セロトニンの材料になるトリプトファンを脳内に取り込まれるのを助けます。インスリンが正常に機能しない糖尿病では、材料であるトリプトファンが脳内に取り込まれないため、セロトニン不足になってうつ病を発症するというのが、一説です。

まずセロトニンが不足し、それによってインスリン不足とうつ病を招くという考え方もあります。いずれにしろ、糖尿病・うつ病・セロトニンには深いつながりがあるといえるでしょう。うつ病治療の結果、糖尿病の改善もみられたという例もあります。

 

心だけではなく、体の健康にもセロトニンが欠かせません。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/31-374663.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

飲み過ぎに注意!ペットボトル症候群

    ペットボトル飲料などの飲料水の飲み過ぎによって起こる症状です。    ...

二次性糖尿病や妊婦糖尿病など…1型・2型糖尿病に分類されない糖尿病の種類

    糖尿病には1型糖尿病、2型糖尿病に分類されない糖尿病があります。1型...


1日の歩行数が原因!?糖尿病に直結する肥満が多い県と少ない県

    肥満と糖尿病には密接な関係があります。ある研究によれば、アジア人は欧...

糖尿病が多い国ランキングからみえる、食事に隠れた糖尿病リスクを知って予防しよう

世界的に増加し続けている糖尿病。その国の食生活によって、糖尿病患者の数にも大き...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る