カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 献血 >
  4. えっ!?献血でダイエットが出来るって本当?

健康診断・健康管理

えっ!?献血でダイエットが出来るって本当?

          

 

◆はじめに~献血の役割~

病気や急な事故によって手術を受けるという患者さんは年々増加傾向にあります。その手術の際に必ずと言っていいほど使われているのが輸血です。その輸血によって救われている患者さんは数多くいらっしゃいます。そんな輸血医療を支えているのは献血です。というのも、血液は今の技術をもってしても人工的に作り出すことは不可能長期間保存出来ないことから、献血による皆さまの協力が常時必要となっています。

 

献血は患者さんの健康に直結していると言っても過言ではありません。しかし、そんな献血がダイエットにも効果があるということをご存知でしょうか?

 

 

◆献血がダイエットに効果的?

米国の医師会が行ったある調査によると「献血をすることによって、心臓麻痺などを発症するリスクが低くなる」ことが判明したそうです。定期的に献血による採血を行うことによって、コレステロールを酸化させ血液をドロドロにする鉄分が少なくなります。その結果心臓や血管にかかる負担が減るからだと考えられています。

 

6ヶ月ごとの定期的な献血を受けている43~61歳の人々の心臓麻痺や脳卒中を発症する確率を調べたところ、そうではない定期的に献血を受けていない人々に比べるとその確率はかなり低い数値を示したそうです。

 

また、カルフォニア大学は「約500mlの採血では、650kcalという多くのカロリーを消費することが可能である」という結果を調査によって得たそうです。

 

 

このように、献血では人の役に立つだけではなく、自分自身の健康にも役に立っていると考えられています。定期的に献血をすることを習慣としていれば、献血ができるようにと体にも気をつけ始めますし健康状態を維持するには良いきっかけになるかと思います。

 

しかし、献血を受けられる頻度というのは限られていますから、節度を守りあくまでも人のために役立つことを心がけて献血を受けましょう。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_1487.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

献血に関する記事

空腹時の献血はNG?その理由とは…?

  病気や突然の事故などにより、輸血を必要とする人の数は年々増加する傾向に...

英国滞在歴に対する規制が緩和されたって知ってた?

                  献血では様々な制限項目が設けられており、...


エイズ検査は献血ではなく、保健所を利用しよう!検査の流れ

献血で集められた血液は、輸血用の血液として患者さんへと受け継がれています。 ...

献血での検査の目をかいくぐる「ウィンドウピリオド」とは?

        命の危険が迫っている患者さんの命を救っている有効な手段の1つ...

カラダノートひろば

献血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る