カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 予防 >
  4. 生活習慣 >
  5. がん予防に!まずは健康な生活習慣から!

ガン・悪性腫瘍

がん予防に!まずは健康な生活習慣から!

 

日本では現在2人に1人はがんにかかるとされています。ではそのがんは予防できないものなのでしょうか?実は毎日の生活習慣を少し気にするだけで、実際にがんにかかりにくい身体を作ることができるのです。

 

痩せすぎの人はがんになりやすい

皆さんはBMI値というものをご存知でしょうか?

BMI値というのは肥満度をはかるひとつの目安で、計算式は

体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

で出すことができます。BMI値=22が標準となり、それ以下だと痩せ気味、それ以上だと太り気味とされます。

このBMI値が極端に少ない人は標準以上の人に比べてがんになる確率が高いのです。また、がんになったときに回復力が悪く、悪化しやすいともされています。皆さんも一度BMI値を出し、標準以下のようでしたら、標準に近づけるよう生活習慣を見直してみましょう。

 

週に2~3回身体を動かしてがん予防!

がんで死亡する確率を調べたときに運動不足の人と、運動をきちんとしている人とで比べると、運動をきちんとしている人に比べて運動不足の人のほうが4倍程度、死亡率があることが分かりました。

週に2~3回、30分程度の軽い運動でもいいので身体を動かしましょう。ウォーキング、ジョギング、などちょっと汗がにじむ程度の軽い運動でかまいません。気分もすっきりしますし、がんの予防にもなります。

 

「百害あって一利なし」のタバコはやめる!

肺がん患者の原因に喫煙者が多いのはよく知られたことですが、肺がん以外のほかのがんも喫煙は危険因子とされています。喫煙はガンだけではなく、ほかの病気をも引き起こすものですので、今現在吸っている人は禁煙するよう努めましょう。また、受動喫煙といって本人が吸っていなくても、タバコの先から出る煙を吸うことによって、間接的にすってしまうことも懸念されます。よって、本人が吸っていることによって、周りの人までも巻き込んでしまうのです。

 

がんの予防は特にこれといって難しいことはありません。健康な身体を手にするための習慣づけを意識するとよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/02/01-356550.php?category=304])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

がん予防に効果的!?ポリフェノールなどの「ファイトケミカル」

  がんと食の研究が進むにつれて、その関連性がタバコと同様に大きいことや特定の...

毎日体に生じているがん!疾患にしないためには免疫力を上げよう!

  がんは日本における死因の上位としてよく知られており、怖い病気という印象が強...


肺がんや胃がん、大腸がん、乳がん…がんを引き起こす生活習慣

  がん細胞とは正常な細胞が突然変異を起こして、腫瘍細胞に変化することによって...

日本人のためのがん予防6か条

国立がん研究センターは、予防のための対策センターも設けています。がん予防やがんに...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る