カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 血管の老い予防も高血圧対策になる!

生活習慣病

血管の老い予防も高血圧対策になる!

 

若い頃にはある程度無理をしても、体はついてきてくれました。しかし、ある程度年をとってくると、目に見えて体の機能低下を感じるようになります。しかし中には実感はないけれど老いている、そんな体の部分もあります。

 

血管が老いる

血管は全身に酸素と栄養を運び、不要なものを体の外に出すために回収してくれます。血管が元気でなければ全ての臓器が元気になりませんし、人が生きることさえ困難になっていきます。この血管が衰えると目に見える問題として出てくるものの一つが高血圧です。つまり高血圧にならないためには、血管の健康を気にしてあげる必要があります。

 

血管を健康にするには

血管の収縮・拡張には自律神経が大きく関わっています。ですからその律神経のバランスを整えてあげることが、血管の健康にとって有益なことになるのです。

 

お風呂で自律神経を整える

…忙しくてシャワーで済ませてしまう人も多い昨今ですが、やはり体のことを考えたらお風呂にゆっくり浸かるのがよいでしょう。特にストレスの多い生活を送っている人や不規則な生活を送っている人は、自律神経のバランスが乱れがちです。そのストレスをリセットする機会としてお風呂を活用できると良いです。特にぬるめのお湯にゆっくりと浸かる時間が確保できると、自律神経にとっては効果的です。

 

深呼吸タイムで自律神経を整える

…ここで言う深呼吸というのは腹式呼吸とほぼ同じことを指します。ただ腹式呼吸を意識しなくてもゆっくりと大きく吸う・吐くを行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。大きな呼吸をすることはリラックスに効果があると言われますが、これは血管の緊張を緩めることにも効果があり、その結果血流が良くなるので高血圧予防になるのです。また、深呼吸によって肺から血管がつまる原因となる血栓の生成を抑える働きのある物質も分泌されます。この物質は血流に乗って全身に巡りますから、健康な血管を作る上で欠かせません。

 

血管が健康であるためには、バランスのとれた食事などが大前提ですが、こうした日常の中で出来る動作を組み込んでみることも試してみる価値はありそうです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/05/07-036443.php?category=52])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ストレスが血圧を上昇させる!ストレス解消をして血圧をコントロールしよう

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

ストレスは、血圧の上昇と深い関連があります。ところが血圧が高めで、食事などに気をつかっている人でも...

睡眠不足の隠れた影響!?「よい眠り」は高血圧・糖尿病を予防する!

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

人間は一生のうちの3分の1~4分の1の時間を、「睡眠」に費やしています。 ですが、実際には熟睡して...

生活習慣に関する記事

高血圧の方は気温の変化に要注意!

    高血圧の方は日々の生活で注意することがいくつかあるのですが、その中で...

血圧は冬場の方が高い!?気温により血圧が変動する仕組みと対策について

    血圧は気温に左右されやすく、気温が低いと血圧が上がります。冬場は特に...


血圧記録をつける習慣を!早朝高血圧にも注意!

  自分が高血圧かどうかきちんと理解できているでしょうか?健康診断時にしか...

寒い時期こそ念入りな高血圧対策を!

    冬の時期、高血圧の方には“気をつけなければならない”と解っていても。...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る