カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 薬の種類 >
  6. 大きく3つの系統に分かれる「カルシウム拮抗薬」

生活習慣病

大きく3つの系統に分かれる「カルシウム拮抗薬」

 

高血圧に対する薬剤として多く使われているのが、カルシウム拮抗薬でしょう。カルシウム拮抗薬はカルシウムイオンが血管の筋肉層に入るのを阻害することで、血管の収縮を阻害する薬で、他の代謝などに影響を与えないため、使いやすい薬剤ということが言えます。

 

カルシウム拮抗薬は構造や作用によっていくつかの種類にわけられます。

 

ジヒドロピリジン系:

高血圧によく用いられるのがこのジヒドロピリジン系のカルシウム拮抗薬です。血管への作用が高く、心筋への作用がほとんどありません動脈硬化の進展を阻止する作用もあり、動脈の拡張作用が強いので、降圧効果が強いのが特徴です。

ニフェジピン

シルニジピン

アムロジピン

マニジピン

ニルバジピン

アゼルニジピン

ベニジピン

ニトレンジピン

エホニジピン

ニカルジピン

上記のように種類は様々ありますが、患者さんの状態やもたらしたい効果、使用する場面(家での服用か点滴静注か)などによって選択されるものは異なります。

 

ベンゾチアゼピン系:

ベンゾチアゼピン系のカルシウム拮抗薬は、心臓にも血管にも作用する薬剤です。ただ降圧作用は比較的緩やかなため、狭心症などで第一選択となっています。

 

フェニルアルキルアミン系:

フェニルアルキルアミン系のカルシウム拮抗薬は、ベンゾチアゼピン系同様、心臓にも血管にも作用する薬剤ですが、圧倒的に心臓への作用が強い薬剤です。そのため合併した狭心症などの程度によって処方が検討されます。

 

カルシウム拮抗薬はカルシウムイオンの阻害による、血管の収縮阻止だけではなく、心臓の血管を広げる働きもあるのが、高血圧の患者さんにとっては嬉しいところです。これによって心臓や血管を休ませることができ、負担の蓄積を回避することができます。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/02/27-386414.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

降圧薬のABCDルールってなに?~高血圧の薬物治療~

高血圧の治療には、高くなった高血圧を降圧薬によって調節する薬物治療があります...

タイプ別!あなたに合った、高血圧随伴症状を改善する漢方とは?

  高血圧に対して漢方薬を使用する場合、血圧の高さに対して漢方薬を使うのではな...


コントロール不良高血圧にはこの薬が効く?!利尿薬の秘密

高血圧の人で、きちんと食事療法を行い、生活習慣を改善し、毎日決まった時間に降圧...

漢方薬で体質から改善する!高血圧に対して使われる漢方の種類

  漢方薬に強い降圧作用を期待することはできません。しかし、西洋医学で用いられ...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る