カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 薬の種類 >
  6. 患者によって使い分けられる「ACE阻害薬」

生活習慣病

患者によって使い分けられる「ACE阻害薬」

 

高血圧治療で使用される薬剤のひとつにACE阻害薬というものがあります。この薬剤は血圧を上げる物質をつくらないようにしてあげることで血圧を下げる薬です。

 

ACE阻害薬

血管を収縮させ血圧を上げる作用をするアンジオテンシンⅡというホルモンがあるのですが、そのホルモンの生成を阻害するのがACE阻害薬です。アンジオテンシンⅡというのは血圧を調整する仕組みの中でも大きい役割を担っているもので、血管を収縮させるほか、腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やし、血圧を上げる作用もあります。

 

ACE阻害薬はいくつか種類に分けることができます。

イミダプリル

エナラプリル

デラプリル

シラザプリル

キナプリル

テモカプリル

ペリンドプリル

効果によってこれらの薬を使い分けます。ACE阻害薬には服用者の2~3割に空咳があるのですが、その空咳の発現頻度が低いものを選べばイミダプリルを選びます。基本的にACE阻害薬は効果のあらわれ方が緩やかですが、その中で即効性を求めるならばデラプリルを選びます。また有効域が広いもので言えばペリンドプリルといった具合に、患者さん自身の状態や、併発している疾患などを考慮した処方がなされます。

 

合併症のある人に向くACE阻害薬

ACE阻害薬は心臓や腎臓によい影響を及ぼします。特に心筋梗塞、心不全、糖尿病性腎症を合併している人に向いている薬剤だとされています。

 

ただしこんな人には不向きなACE阻害薬

アンジオテンシンⅡは胎児の発生に深く関係しているとされている物質です。そのため妊娠中の高血圧患者さんはもちろんのこと、これから妊娠を希望する女性にも基本的にACE阻害薬は使用しません。

 

ACE遮断薬は腎血管性高血圧の場合にも効果的ですが、腎動脈の狭窄のある場合や、腎機能が悪い場合には向きません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/06/06-347920.php?category=288])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

タイプ別!あなたに合った、高血圧随伴症状を改善する漢方とは?

  高血圧に対して漢方薬を使用する場合、血圧の高さに対して漢方薬を使うのではな...

大きく3つの系統に分かれる「カルシウム拮抗薬」

  高血圧に対する薬剤として多く使われているのが、カルシウム拮抗薬でしょう。カ...


血圧上昇を妨げる降圧薬とは?高血圧の薬物療法について

    ■降圧薬というと名前の字面から血圧を下げるというものであるばかり...

降圧薬のABCDルールってなに?~高血圧の薬物治療~

高血圧の治療には、高くなった高血圧を降圧薬によって調節する薬物治療があります...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る