カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. アジソン病 >
  5. アジソン病の診断基準と検査方法ってどんなもの?

気になる病気・症状

アジソン病の診断基準と検査方法ってどんなもの?

アジソン病という病気をご存知でしょうか?健康を維持する上では欠かすことの出来ない副腎皮質ホルモンが減少することで、体に様々な悪影響が出る病気のひとつです。そのなかでも、その減少の原因が副腎の病気であるものをアジソン病といいます。

 

この原因としてあげられるのは、副腎結核や自己免疫になります。稀にガンが副腎に転移すること、遺伝によって生じることもあります。

 

このようなアジソン病ですが、では一体どのような検査と診断方法によってアジソン病と診断されるのでしょうか?こちらで簡単にご紹介したいと思います。

  

◆検査方法

アジソン病の検査においても、一般的な血液検査や尿検査は必ず行われます。しかしそれだけではなく、ホルモンの検査や腹部のCT検査などの精密検査も必要となります。

 

このうち、ホルモンの検査では血中に含まれる副腎皮質ホルモンと副腎皮質刺激ホルモン、そして尿中に含まれる副腎皮質ホルモンの値を測定します。

 

さらに、副腎皮質ホルモンや副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンを投与した際に起こる、副腎や下垂体の反応を観察することで副腎の機能検査を行います。

 

以上のような検査に加え、副腎の機能を損なっている原因として挙げれられる結核などの検査、がんの検査、自己免疫の検査なども合わせて行われます。

 

◆診断方法

上記の様々な検査によって、副腎皮質ホルモンや副腎皮質刺激ホルモンの値が異常に低く、さらに副腎の反応が悪かった場合にはアジソン病と診断されます。

 

合わせて行われた結核の検査など副腎の機能を侵害している原因を調べる検査の結果から、その原因を探り当てます。

 

このように、アジソン病では様々な検査によって診断が行われます。もしも万が一、医師から検査を受けるよう促された場合には、その指示にきちんと従って検査を受けるようにしましょう。

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アジソン病に関する記事

アジソン病に気付いたらどうすればいいの?

       関連する記事 ...

副腎皮質の機能が低下するアジソン病の治療薬

副腎皮質の機能が低下するアジソン病では、体内で作られる副腎皮質ホルモンと同じ...


気付く事が難しい難病「アジソン病」の症状と検査方法

  「アジソン病」、難病、と聞くと大きな症状が出て大変なことになると考える...

疲れやすいのはホルモンで?

      副腎からは身体の様々な機能のバランスをとるホルモンが出ています...

カラダノートひろば

アジソン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る