カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. アジソン病 >
  5. アジソン病に気付いたらどうすればいいの?

気になる病気・症状

アジソン病に気付いたらどうすればいいの?

      

◆はじめに~アジソン病とは~

副腎の病気により、副腎皮質ホルモンの分泌が正常に行われなくなり、副腎皮質ホルモンの量が慢性的に低下する疾患をアジソン病といいます。この副腎皮質ホルモンは、健康を維持する上は欠かすことの出来ないホルモンですから、その量が減ってしまうと様々な不調として、体に現れ始めます。

 

アジソン病の特徴的な症状としては、色黒になります。また倦怠感や無気力感、食欲不振や便秘・下痢などの胃腸症状、またそれによる急激な体重減少・低血圧・低血糖などの身体的不調に加え、不安や集中力の低下などの精神的症状も現れます。

 

また、アジソン病の原因が自己免疫による副腎皮質の機能低下ならば、甲状腺疾患だけでなく糖尿病・貧血・真菌症などを合併症として発症することが多いです。

 

これらのような症状がみられた場合、つまりアジソン病が疑われる場合にはどうすればよいのでしょうか?気になる方は是非参考にしていただければと思います。

 

 

◆アジソン病に気付いたらどうすればいいの?

アジソン病の初期段階では、副腎皮質の障害も軽いです。なので、ホルモン分泌における障害も、生活に支障をきたさない程度のものでこれといった自覚症状がみられない場合が多いです。しかし、このような状態にある時にストレスが一気にのしかかってきた場合には、急性副腎不全という大変恐ろしい状態になることもありますからご注意下さい。

 

少しでも上記のような症状、特に色黒などの症状がみられた場合には、内分泌科や代謝を専門として取り扱っている医療機関にて精密検査を受けることをお勧めします。

 

どの病気についても言えることですが、病状が進行する前に早期発見早期治療をすることが、あなたの命を救います。ためらうことなく病院に受診するようにしましょう。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2014/04/blog-post_2419.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アジソン病に関する記事

気付く事が難しい難病「アジソン病」の症状と検査方法

  「アジソン病」、難病、と聞くと大きな症状が出て大変なことになると考える...

ケネディ大統領も罹っていた*アジソン病は色素沈着が特徴的

  副腎皮質の後天的な機能障害によってホルモンを作れなくなる「アジソン病」では...


遺伝の可能性にも注意が必要?「アジソン病」の原因

  「アジソン病」は副腎の異常から発生する病気といわれ、その原因は先天性と...

疲れやすいのはホルモンで?

      副腎からは身体の様々な機能のバランスをとるホルモンが出ています...

カラダノートひろば

アジソン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る