カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮体がん >
  6. 子宮体がんの検査って痛いの?発症リスクが高い人の特徴6つ

女性のカラダの悩み

子宮体がんの検査って痛いの?発症リスクが高い人の特徴6つ

子宮がんの検査といえば、一般的には【子宮頸部細胞診】を行います。

しかし、子宮頸部細胞診では、子宮頸部のがんは発見できても、子宮体のがんは発見できないとされています。

子宮体のがんを発見するためにはどうしたら良いでしょうか?

 

子宮体がんには子宮体部細胞診を!

子宮体のがんを発見するには、子宮体部(内膜)細胞診が必要です。

子宮内に検査器具を挿入し、内膜の細胞を採取して検査をおこなうのですが、子宮頸部の細胞と子宮体部の細胞では異なるため、子宮頸部の細胞を採取しても子宮体の異常を見つけることは困難です。

 

どんなリスクがある?

子宮体部細胞診は子宮内の細胞を採取するので、それだけの高度な技術が必要で、痛み・出血を伴うとされています。

検査中・検査後の痛みや出血にはそれぞれに個人差があるので一概にどのくらいの痛み・出血かとは言えませんが、中には非常に強い痛みを感じる方もいます。

 

子宮頸がんの検査と違い、痛みや出血などのリスクが伴うため、子宮体がんの検査を行う場合には慎重な判断が必要です。

 

検査を受けた方が良いとされる人とは?

以下のような方は、子宮体がんを発症するリスクが高いとされています。

定期的に子宮体がんの検査を行うと良いでしょう。

 

・閉経した時の年齢が高い

・出産の経験がない

・肥満体型である

・エストロゲン産生がん

・糖尿病や高血圧症

・過去に乳がんや大腸がんを発症したことがある

 

子宮体がんの疑いがあった場合には?

子宮体がんの発見には子宮体細胞診をするだけでなく、もう1つ、【頸膣超音波】という診断も併せて行うとより、精度の高い検査が出来ます。

 

子宮体細胞診と頸膣超音波検査を行い、子宮体がんの可能性が高いと判断された場合には、子宮内の細胞をスプーンのようなもので掻き出して組織を調べる“組織診”という検査を行い、組織を調べるようになります。

 

組織診の場合には、痛みが伴いやすいため、医療機関によっては麻酔をする場合もあります。

 

定期的に検査をおこないましょう!

上記で述べた“子宮体がんを発症するリスクが高い”とされている方の特徴項目に、自身が当てはまらなくても子宮体がんになる可能性はあります。

40・50代に多いとされていますが近年では若い世代の女性でも子宮体がんの発症が増えています。

 

これは若者の喫煙や、生活習慣・環境などが関係しているという意見もあります。

子宮体がんは発見が遅れてしまうと、子宮全摘出という大手術にもなってしまう大きな問題なので、早期発見を心がけましょう。 

 

子宮体細胞診は、それなりにリスクが発生してしまうという事が解っていただけたと思います。

子宮がんは自覚症状を感じにくいため、定期的な検査を行い、早期発見することで、若い方にとってはゆくゆくの妊娠の可能性を残しておくことも出来ます。

photo by: //www.ashinari.com/  

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-10-18掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮体がんに関する記事

子宮の検査!子宮頸部細胞診と子宮内膜細胞診の二つの細胞診を知っておこう!

  子宮がん検診というと、子宮の入り口にできる子宮頸がんのことを指す場合がほとん...

若い女性に増加中!大事な子宮を「子宮体がん」から守ろう!

女性特有の病気に子宮がんというものがありますが、その中でも、自覚症状がなく、子...


子宮頸部細胞診では子宮体がんは調べられない?どんな検査が必要?

女性特有の疾患に“子宮がん”があります、子宮がんはおおきく【子宮頸がん】と【子...

早期子宮体がんの先進医療!低侵襲の『腹腔鏡下子宮体癌根治手術』とは

これまで、子宮体がんの手術法と言えば、下腹部の大きな切開を伴う『開腹手術』が主...

カラダノートひろば

子宮体がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る