カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. その他 >
  4. 春の食材で認知症予防【筍ご飯】

介護・認知症

春の食材で認知症予防【筍ご飯】

春なると山菜やたけのこなどの食材が食べたくなりますね。「食」で春を感じて、体のスイッチをオンにして脳も活性化したいですね。

 

 

 *筍ご飯*

 

 【材料】

 

 たけのこ(茹でたもの)中1本

 米・・・3合

 にんじん・・・5㎝

 油揚げ・・・1枚

 水・・・カップ3

 酒・・・大さじ2

 薄口しょう油・・・大さじ1¹/₂

 塩・・・小さじ1/2

 ほんだし・・・小さじ1

 木の芽・・・適量

 

【作り方】

  1. 米は計量カップではかって洗う。炊飯器に移し入れ、分量の水を加え30分以上浸す。
  2.  タケノコは薄切りにし、根元はいちょう切りにする。にんじん、油揚げは小さめの細切りにし、揚げはザルに入れて熱湯をかけ油抜きする。ボウルにたけのこ、にんじん、油揚げを入れ、調味料に10分以上浸す。
  3. 1の炊飯器に、2の具材を調味料ごとを混ぜいれ、普通に炊く。
  4. 器によそって、手のひらでポンと叩いて、香りをだした木の芽をのせる。

 

==食材マメ知識==

 

 たけのこには、栄養価はあまりないと思われがちですが、茹でたたけのこの付着した白い粉はチロシンというタンパク質のアミノ酸で、脳を活性化させるドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の原料となります。ドーパミンが増えると脳が活性化し集中力が高まり、やる気が湧いて来たりするので”うつ病” ”認知症” ”パーキンソン病”の予防と治療に有効と研究が進められています。独特のうまみに含まれるはアスパラギン酸

疲労回復にも効果があります。

 

 (Photo by: 著者)

著者: プーちゃんさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

老化により衰えていく身体の機能を向上させるパワーリハビリテーションって何

お年寄りと暮らしていると、動きがにぶい、物にぶつかりやすいなどの特徴が良くみら...

介護不要の老後に!科学的視点に基づく介護予防訓練法とは?

    高齢者の介護予防訓練には、筋力トレーニングが最も重要   現在、...


履きやすい靴を履こう!機能と用途で選ぶ介護靴

  歩行の変化や障害、病気で今までの靴が履けない高齢者には、介護靴(介護シ...

冬は高齢者の高血圧に注意!冬の高血圧対策

  高齢になるほど体の各部分が老朽化していきます。そのうち血管の老朽化は、血管...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る