カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 乳腺超音波検査の長所・短所とは?

女性のカラダの悩み

乳腺超音波検査の長所・短所とは?

 

乳がんの検査には、視診触診に加え、マンモグラフィー・乳腺超音波検査を行うことがベストだとされています。その中で、今回は乳腺超音波検査について長所短所をまとめてみました。また、その他に検査を受ける際、どんなことに注意をすると良いのかも調べてみました。

 

 

◆乳腺超音波検査の長所とは?

乳腺超音波検査とは、乳房にゼリーを塗り、専用のプローブを使用して乳房の内部を調べる検査方法です。乳房にあてたプローブに跳ね返ってくる超音波を受け、モニターに映像として映し出すことが出来るので、タイムリーに異常を発見することができます。

 

痛みなどは全く無く、検査自体もさほど時間がかかりません。診察台に横たわるだけなので検査への恐怖感もありません。乳腺とシコリの判別が容易であることも超音波検査の長所と言えます。

 

◆乳腺超音波検査の短所とは?

短所として挙げられるものは、技師の技量が診断結果を大きく左右してしまいます。万が一、異常(シコリなど)がある部分を、超音波で見つけられなかった・プローブを当てて発見できなかった場合には純粋に技師の見落としとなってしまいます。

 

乳がん検査を受ける場合には超音波検査のみで満足しないようにしましょう。また、微細石灰化の検出に関しては、マンモグラフィーよりも精度が落ちてしまいますし、モニターを見ての検査になるので、写真・映像として得られる情報も部分的でマンモグラフィーよりも精度が落ちてしまうことも短所の1つです。

 

◆乳がん検査を受ける際の注意点とは?

【生理の前は避けよう】

生理の前後であっても、検査結果に影響があるというわけではなく、本人の気持ちの問題かもしれませんが、生理前の場合、乳腺が張ったような痛み・突っ張り感を感じてしまいまう方が多いです。

 

乳腺が張っている時に超音波検診などで刺激をされたり、マンモグラフィー検査を行うと、激しい痛みを伴うことも。あくまで、本人が痛みを感じないために生理前は避けた方が良いと記載しましたが、検査の結果には影響ありません

 

【検査を受ける医療機関をしっかり選ぼう】

乳がんの検査を受ける医療機関は、しっかりと選んで受診をすることが理想です。選ぶべき医療機関は婦人科だけでなく乳腺外科も入っている大きな病院です。

 

理由は、近場の婦人科で受診をし“万が一異常が見つかった場合、別の病院で精密検査を受ける”ようになるため、“異常を見つけてくれた病院内にある乳腺外来ですぐ受診の予約をとる”ためです。乳がんなどは進行が早いものもあります。

 

近場の婦人科で受診し異常が見つかった場合、紹介状を書いてもらい、別の病院で精密検査を受ける・・・というその手間の間も進行していきます。せっかく早期発見できたのであれば早期治療が行えるように、乳がん検査を受ける医療機関も事前に検討しておきましょう。

 

 

乳がん検査を受ける場合には、乳腺超音波検査だけでなく、より精度を高めるため・確実に発見出来る様にするため、マンモグラフィーの検査も一緒におこなうようにしましょう。

 

photo by: //www.ashinari.com/2010/10/29-037012.php?category=317

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

超音波で、切らずにがん細胞を死滅!最新乳がん治療法『FUS』とは?

  『メスを使わず日帰り可能』、最新の乳がん治療法とは?   現在、乳...

突き抜けるような痛みのことも!自分でできる乳腺症の痛みの対処法

乳腺症の症状の出方は様々です。痛み自体がストレスになったり、痛みの辛さをなかな...


切らずにガスで凍結?最新乳がん治療『非切除凍結療法』とは?

マイナス160℃で乳がんを凍結!『非切除凍結療法』とは?  近年、乳がんの最新...

夜間の光曝露は、乳がんリスクを40%増加させる?メラトニンの効果とは

2007年、国際がん研究機関(IARC)による発表で「概日リズムを乱す交代制...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る