カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 乳腺超音波検査!良性腫瘍と解った場合、その後は?

女性のカラダの悩み

乳腺超音波検査!良性腫瘍と解った場合、その後は?

乳がん検査や定期検査で超音波検診・マンモグラフィーなどをおこなった結果、“乳がんの疑い有り”や“細胞診が必要”などの言葉を医師から告げられた人は少なくないと思います。

 

その後の検査で“良性腫瘍でした”と診断された場合に、「良性だった私は、今後どうしたらいいの?」と悩まれる方もいます。良性腫瘍だと診断された場合の、“その後”の対応について挙げてみましょう。

 

良性ならば放置して大丈夫?!

「良性だったなら大丈夫!」と、良性=何も問題ないから放置して良いと結びつける方がいらっしゃいます。

確かに、医師から「良性腫瘍です」と言われてしまえばホッと安心し、「良性ならそのままで」と思うかもしれません。

 

しかし、そもそもシコリや痛みが元で受診(又は定期検査を受けるなど)し、超音波検査やマンモグラフィーをおこなった結果、“疑いアリ”となったものを放置するもの気が引けます。

 

良性腫瘍だといわれた場合、その後はどのような検査を行うべきなのかしっかり医師に相談をし、その後の治療・温存など、適切な方法を探し出すようにしましょう。

 

良性だとしても切除してしまう?!

たとえ、医師から「良性腫瘍だろう」と言われたとしても、実際には細胞診の際に問題となる腫瘍部分に針がささらず、的を外れてしまって細胞を採取してしまうケースも稀に存在します。

 

そうすると、本当であれば悪性腫瘍だったにも関わらず、腫瘍とは別の場所に針が刺さった故に、「良性腫瘍だ」と診断されることも、全く無いとは言い切れません。

 

そのまま経過を見るとしても、2・3ヶ月に一度は病院へ行き、良性腫瘍が悪性腫瘍に変化していないか、腫瘍の大きさや進行具合などがどの程度なものなのかを、定期的に検査する必要があります。

 

細胞を取るために毎回太い針を入れて検査の度に、痛い思いをするくらいであれば、最初からもう腫瘍部分を切除してしまうと言う方法もあります。

 

医師の意思をも聞くこと!

医師が「良性」だと言った腫瘍でも、大きく腫瘍を取ってみると、良性の中には一部悪性腫瘍の細胞もあったりする!という投稿を目にしたこともあります。

実際に、取った良性腫瘍の一部分が悪性と化しているケースもあります。

 

細胞診の検査もとても難しいものです。

一概にどうするべきか?という最終的な判断(良性腫瘍を経過観察するのか、切除してしまうのか)は御家族の方での話し合いによって決まりますが、医師の気持ち(なぜ取ったほうが良いのか?どんな問題を懸念しているのか?)を参考までに聞いておくことも大切でしょう。

 

時には良性腫瘍を刺激しすぎて、後遺症を残してしまうような問題に発展してしまう事もあります。

かと言って「良性腫瘍なのだから大丈夫」と放置をしていても、いつ悪性腫瘍に変化してしまうか解りませんし、一度出来てしまった腫瘍は、酷くなっていく(悪化していく)ことはあっても、無くなることはまず難しいといえます。

 

良性腫瘍だった場合にも、その後どうするべきなのか?はしっかり判断しなければなりません。

(Photo by: //www.ashinari.com/ ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

なんだか最近胸が大きくなった?乳腺症の症状かも!~乳房の検査~

女性の場合、成長期やそれ以外のどこかのタイミングで、「最近急に胸が大きくなっ...

切らずにガスで凍結?最新乳がん治療『非切除凍結療法』とは?

マイナス160℃で乳がんを凍結!『非切除凍結療法』とは?  近年、乳がんの最新...


乳腺の病気、線維腺腫・葉状腫瘍・乳管内乳頭腫・のう胞…良性の腫瘍でもマンモグラフィーで検査を!

乳腺に起こる病気には数多くの種類があります。乳腺に起こる病気は一般的には良性...

マンモグラフィーで分かる乳腺症や乳腺炎!どんな病気なの?

マンモグラフィーなどの検診で見つかることの多い乳腺症や乳腺炎について知っていま...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る