カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. その他 >
  5. 子供と一緒に猫を飼いたい!メリット&デメリット!赤ちゃんと猫同居の体験談もあり

気になる病気・症状

子供と一緒に猫を飼いたい!メリット&デメリット!赤ちゃんと猫同居の体験談もあり

わが子がペットと楽しそうに遊んでいる姿は、とても愛くるしくほほえましい光景です。

しかし、ペットを飼うことは、お世話の大変さ以外に様々なデメリットも…。

 

下記に、猫を飼うときに起こる、メリット・デメリットを挙げるのでぜひ参考にして下さい。

 

子どもと一緒に猫を飼うメリット

心を豊かにする

子供にとってペットと一緒の生活で得られる最大のメリットは、「感情や情緒をはぐぐみ、心を豊かにする」ということではないでしょうか。

 

責任感・命の大切さ

また、どんな動物であれペットはぬいぐるみと違い、生きています。

生き物を飼うということは、その命を守ることにもつながるため、責任感を育てます。

そして、ペットが死んでしまったとしても、命の大切さを学ぶことができます。

 

子どもと一緒に猫を飼うデメリット

猫ひっかき病

猫を飼う場合、一番気をつけなければいけないのが、猫から人間へ感染する「猫ひっかき病」です。

猫ひっかき病は「バルトネラ菌」に感染している猫に、引っ掻かれたり噛まれたりすることで、バルトネラ菌が人間の体内に入り人間に感染します。

 

また、バルトネラ菌は猫のノミやダニにも存在するため、猫から傷を受けなくてもダニを介して感染する可能性もあります。

 

猫ひっかき病に感染すると、湿疹・リンパ節の腫れ・発熱・全身倦怠感などの症状が現れます。

感染しても多くの場合は自然治癒しますが、子供の場合、重症化してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

予防には、猫がバルトネラ菌に感染しないように、他の猫との接触をできるだけ控えることが肝心です。

また、「猫と一緒に寝ない・口移しで食べ物を与えない・キスをしない」などのことを守るように子供に教えることも大切です。

猫や部屋を清潔にし、ノミやダニの繁殖を防ぐようにしましょう。

 

動物アレルギー

猫ひっかき病以外に気をつけたいデメリットは、「アレルギー」です。

動物アレルギーがあることに気が付かず、ペットを飼い始めてしまうと、ぜんそくやアトピーを発症させてしまう可能性が高まります。

事前にアレルギー検査を受けて、ペットを飼っても大丈夫かどうか調べましょう。

 

飼い始めてから後悔することがないように、メリット・デメリット両方を良く考えましょう。

 

「赤ちゃん・子どもと猫」に関する体験談

いよいよ初対面!娘が布団で足をパタパタさせているところに恐る恐る近づき、不思議そうに匂いをかいでいました。が、泣き声にビックリしたのか全力疾走で逃げていきました。。その初対面後はしばらく、割と近くまで来ても泣き声にビクッとするして走り去る…ということがほとんどで、ひっかいたり体に飛び乗ったりということは全くありませんでした。

カラダノート体験談-投稿者ぐーちかさん~【ペットと赤ちゃん】生後1ヶ月の初対面-

 


退院してから実家に帰ったのですが、私のアレルギーはなんともなく、1ヶ月実家にいたのですが、子どもは小さくて猫を認識できないし、猫も自分くらい小さい人に初めて会ったので、人として認識していないのか興味がない様子でした。

カラダノート体験談-投稿者そうママ0418さん~動物にふれあってみたら★-

 


猫が赤ちゃんの上に乗らない様にするために、猫用の2段ゲージを買いました。柵などでの対策も考えましたが、簡単に飛び越えてしまうので猫をしばらくゲージに入れておくことが一番確実であろうと考えたのです。実際は、猫のほうが初めは赤ちゃんを警戒して近づくことはなく、ゲージに入っていなくても赤ちゃんに悪いことはしなかったので問題ありませんでした。今では仲良く一緒に寝たりしてほのぼのしています。

カラダノート体験談-投稿者katsuoさん~乳幼児のいるお家環境について~その1~-

 


彼女(メス猫なんです)が息子のことをどう思っているかは分かりませんが、なによりも仲良くしてくれることがありがたいし、ほんの気まぐれですが5分間だけ遊んでくれるときなんかがあってなんだかなあ、とほほえましく思っています。

カラダノート体験談-投稿者よりままさん~最近の、ムスコとネコ-

 

(photo by //www.ashinari.com/2014/04/03-387895.php)

著者: てたもさん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

敗血症の治療方法 強力な抗菌薬投与、様々な支持療法が必要不可欠!

  ◆はじめに 敗血症の症状の表れ方としては、悪寒や震えを伴う発熱が挙げ...

RSウイルス感染症~重症化した場合の検査と治療

  寒くなってくると流行し始めるRSウイルスですが、大人やある程度大きくな...


人獣共通感染症の原因寄生虫「エキノコックス」中間宿主と終宿主について

  エキノコックスの感染は、肉食や雑食の動物の糞便に含まれた虫卵を経口摂取...

猫を飼う!でも猫引っかき病が不安…予防法は?

猫ひかっき病とは、その名の通り猫や犬にひっかかれたり、噛まれたりすることで起...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る