カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 橋本病 >
  5. 橋本病を発症した場合、ダイエットはNG?

気になる病気・症状

橋本病を発症した場合、ダイエットはNG?

橋本病を発症すると、新陳代謝が下がってしまうことから、体重が急増することが多いです。女性なら特に、そんな体重の増加を気にしてダイエットを考える方も多いかと思います。ダイエットのために運動を考えた際に「どの程度までなら良いのだろう。運動制限などは医師から言われなかったし」と運動量に関しての疑問が浮かんでくることでしょう。

 

そこでこちらでは橋本病を発症した際に、運動に関して注意すべき点について簡単にご紹介したいと思います。気になる方は是非参考にしていただければと思います。

 

◆どんな運動なら大丈夫なの?

そもそも、橋本病という疾患はストレスの影響を強く受けるものです。なので、運動によってストレスが解消されるなら、全然構わないという考え方の医師は多いはずです。また、運動をすることで成長ホルモンの分泌が促進されるなど、運動をすることによってもたらされる良いことはたくさんあります。

 

しかし、注意すべきなのが病気の症状が強くでている時の運動です。治療を開始して間もない頃は、自分の体に合ったホルモン剤の量がまだわかっていないということもあり、橋本病の症状がまだまだ治まっていないという状態にあるかと思います。そんなときには、無理に運動をせず安静にしておくべきです。また、急に激しい運動を始めるなんてことは絶対にしないで下さい。橋本病は気力・体力が通常よりも低下してしまう病気ですから、決して無理をしないで下さい。

 

橋本病の治療にも慣れ、ホルモン剤による状態も安定してきたら、徐々に体を動かしてみると良いでしょう。散歩など、体に過度の負担がかからないものをお勧めします。あくまでも、気軽にできる運動のみにとどめ、無理のある運動はしてはいけませんのでご注意下さい。

Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

橋本病に関する記事

橋本病になっても仕事は続けられる?

様々な検査の結果から、橋本病と診断された方はきっと「今の仕事は続けられるのかな...

経過観察中の橋本病で体がつらいときどうすればいい?その対処法とは

  ホルモンの過剰分泌や過少分泌の病気では、『経過観察』という治療方法が採用さ...


遺伝しやすいのは女の子!?橋本病は遺伝する?!確率はどのくらいなの?

  橋本病とは慢性甲状腺炎のことで、甲状腺ホルモン不足とも深いかかわりのある病...

橋本病は難病なの?橋本病との付き合い方

           橋本病は難病指定されている病気です。「難病ってことは、...

カラダノートひろば

橋本病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る