カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 橋本病 >
  5. 橋本病でも加入できる?健康保険における注意点

気になる病気・症状

橋本病でも加入できる?健康保険における注意点

            

 

甲状腺の疾患の1つである橋本病を発症した場合、健康保険に加入していなければ「もう私は健康保険に加入できないのかな?」と悩むかと思います。この橋本病とは、女性の場合ですと20~30人に1人は発症すると言われているほど、多くの方に見られる疾患です。

 

もちろん、そんなに多くの方が生命保険に加入できないというのは問題になります。ですから、橋本病の方でも保険に加入することが可能です。しかし、告知のしかたによっては加入できる保険が異なってきますので気をつけなければなりません。

 

 

◆橋本病患者が保険加入時に気をつけるべき点とは

橋本病は、すぐに命が危険にさらされるなんてこともありませんし、入院が必要になるということはまずありません。なので、生命保険をこの病気で使うということはありえないでしょう。それなのにもかかわらず、橋本病であるという告知をするだけで加入できなくなってしまうような保険があるので注意が必要です。

 

告知をするだけで加入できる生命保険は、その告知条件をかなり厳しめに設定しているものが多いです。橋本病患者さんがそのような生命保険に加入する際には、引受緩和型という種類のものになる可能性がかなり高いです。しかもこの引受緩和型というものは、保険料が高くなるのに、入院や手術の際の保障が通常よりも低くなるという決して良いとは言えない設定です。

 

これはちょっと…と思いますよね。そんな方で無条件加入を望むのであれば、人間ドッグや健康保険扱いというものがありますので活用してみて下さい。この結果に橋本病に関するもの以外に異常がなければ、健康な方と同様の無条件加入が可能になる確率が高いです。

 

 

無条件加入は、月々の保険料が安いだけでなく、通常と変わらない保証が受けれます。ですから、保険加入の際には一度電話にて直接問い合わせてみると良いでしょう。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/06/blog-post_8323.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

橋本病に関する記事

経過観察中の橋本病で体がつらいときどうすればいい?その対処法とは

  ホルモンの過剰分泌や過少分泌の病気では、『経過観察』という治療方法が採用さ...

橋本病になっても仕事は続けられる?

様々な検査の結果から、橋本病と診断された方はきっと「今の仕事は続けられるのかな...


橋本病を発症した場合、ダイエットはNG?

橋本病を発症すると、新陳代謝が下がってしまうことから、体重が急増することが多...

橋本病は難病なの?橋本病との付き合い方

           橋本病は難病指定されている病気です。「難病ってことは、...

カラダノートひろば

橋本病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る