カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. ヘモクロマトーシス >
  5. 薬を使った2種類のヘモクロマトーシス治療!鉄を除去する根本的な治療と臓器への治療

気になる病気・症状

薬を使った2種類のヘモクロマトーシス治療!鉄を除去する根本的な治療と臓器への治療

 

女性は鉄不足だから鉄を摂取すべき、とよく言われるように人間の体にとって鉄は重要な存在です。

もちろん、それは鉄を正しく使える体であることが条件のひとつで、中には鉄代謝異常によって鉄が体内に過剰に存在する場合もあるのです。

それがヘモクロマトーシスという名前の病気です。

 

●ヘモクロマトーシスの症状って?

体内に鉄が多いと起きる問題は、臓器に鉄がくっついてしまうことです。

臓器に鉄がくっつくことで臓器不全を引き起こすので、ヘモクロマトーシスの方は心不全や肝不全になりやすいです。

特に新生児に起きる新生児ヘモクロマトーシスでは肝不全による死亡数が多いのが特徴です。

ヘモクロマトーシスを治療するときは鉄を除去する根本的な治療臓器への治療の2種類があります。

 

●臓器の鉄を減らす瀉血(しゃけつ)

ヘモクロマトーシスの治療法の1つ目が臓器にくっついた鉄を除去する方法です。

いくら臓器に対する治療を行っても鉄が臓器についている問題を解決しない事には症状も改善しません。

瀉血というのは体の中から血液を抜く方法で、体内では血液が少なくなったことにより血液を作るために鉄を使います。

その際、臓器にくっついていた鉄が使われるので、瀉血がヘモクロマトーシスの治療に役立つのです。

人によっては鉄キレート法を瀉血の代わりに使うケースもあります。

 

●それぞれの臓器障害に対する治療

ヘモクロマトーシスによって臓器がダメージを受けている場合は、問題のある臓器に対して適切な治療が必要です。

多いのは肝硬変や心不全といった、肝臓と心臓の臓器障害ですのでこれらを治療するために薬剤を用いることがあります。

瀉血やキレート法に比べるとさまざまな臓器がある分人によって臓器障害による治療は大きく異なります。

 

ヘモクロマトーシスの治療法は臓器にくっついた鉄を除去する治療と、ダメージを受けた臓器への治療です。

このうち、鉄キレート法は瀉血とは違って尿に鉄を排出させるタイプで、重症のヘモクロマトーシス患者に用いられることの多い治療法です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/02/03/11/57/medications-257359_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ヘモクロマトーシスに関する記事

鉄分サプリメントの摂りすぎに注意!

赤血球の中でヘモグロビンとして、全身に酸素を供給する「鉄分」。生きて行く上で、...

ヘモクロマトーシスの症状

  鉄分の過剰量摂取や、アルコール多飲、大量輸血など様々な原因で体内の鉄分...


体内の鉄が過剰に……ヘモクロマトーシスとは

  体中に酸素を運ぶのに必要な、鉄分。 足りないと貧血になりますし、サプ...

アルコール多飲の影響は数知れず……ヘモクロマトーシス

  [ヘモクロマトーシス]という病気をご存知でしょうか。 体内の鉄分が過...

カラダノートひろば

ヘモクロマトーシスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る