カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 動脈解離 >
  5. 動脈解離の痛みってどれくらい?どんな痛み?

気になる病気・症状

動脈解離の痛みってどれくらい?どんな痛み?

 

動脈解離は動脈の壁に亀裂が入る病気で、多くは急激に症状が出てくる急性動脈解離です。

急性動脈解離では痛みを伴うのですが具体的にどんな痛みなのか、どれくらいの痛みなのかを見ていきましょう

 

●激痛が走る!動脈解離の痛み

動脈解離になった人の声を見てみると、痛む部分は人によって違うことがよくわかります。

血液の流れに問題が起きることから手足が痛むという方もいれば、胸や背中が痛むという方もいます。頭、腰などが痛いという方はそれほどいません。

ただどこが痛むにしても痛みの表現では『強烈』『激痛』と感じている方が多いようです。

人によっては『いきなり馬に蹴られたような痛み』『思いっきり殴られたような痛み』といったように表現されることもあり、全体の傾向としてじわじわした痛みではなくガン、と急に来る痛みということが見て取れます。

 

●突然死の原因になることも…

突然の激痛が走る動脈解離ですが、どこかぶつけたのか、どこかひねったのかと思ってその日はとりあえず寝ようと努力するという方もいるようです。

ですがこの動脈解離は突然死のランキングは循環器疾患の中では2位となっており、突然死の可能性もある病気です。

普段とは違うような痛み、痛みが一向に治まらないのであれば、救急車などで病院を訪れてすぐに治療した方がよいケースも多いです。

 

動脈解離による痛みは馬に蹴られたような、殴られたような痛みと表現されることが多く、いずれにしても激痛が走るのが特徴となっています。

高血圧の人の場合は動脈解離が起きやすいので普段から血圧コントロールは必須です。

また、治療法は手術と内科治療の2種類がありますが、心臓周囲の出血の危険性がある場合は緊急で手術します。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/04/05/11/06/people-314481_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動脈解離に関する記事

実は怖い?大動脈解離ってどんな病気なの?

              高齢化・食生活の変化による動脈硬化などが原因の血...

大動脈解離の分類と危険性

  大動脈解離となる箇所は単なる動脈ではなく、かなりの規模に渡る大動脈です...


大動脈解離の危険な合併症

  大動脈解離は、単に三層構造が解離し、動脈壁がもろくなるだけの疾患ではあ...

動脈解離の予後を良好にする治療薬 血圧を下げる薬、ARBの投与が有効?

  動脈解離は緊急性の高い疾患となっているケースが多く、緊急の手術が行われるこ...

カラダノートひろば

動脈解離の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る