カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 検査 >
  5. 尿から知る糖尿病…「尿糖」検査って?

生活習慣病

尿から知る糖尿病…「尿糖」検査って?

 

糖尿病の検査というと、血液検査によって知る血糖値がすぐに思い浮かばれるでしょう。しかし糖尿病の場合、血中の糖以外にも、糖の有無を確認できる場所があります。

 

尿中の糖の量「尿糖」

血中の糖を血糖というのに対し、尿中の糖を「尿糖」と言います。尿糖とは血中のブドウ糖が尿に漏れ出てきたものです。食べ物から吸収されたブドウ糖は、インスリンというホルモンの働きによって細胞にとりこまれ、人が生きるのに必要なエネルギーに変わり、消耗されます。そして最終的にブドウ糖は二酸化炭素と水になって、尿として体外に排泄されます。そのため本来の健康な体であれば、尿中に漏れ出すブドウ糖の量はほんのわずかです。

 

尿糖が高値になっているということは?

血糖値が160~180mg/dLという高値にならなければ、腎臓はブドウ糖を尿に流しません。しかし逆にこれ以上の値になると、腎臓の処理能力が及ばずに糖が尿に漏れ出てしまいます。つまり尿に糖が漏れ出ている時点で、糖尿病になっている可能性が高いと言えるのです。

 

尿糖はあくまでも間接的な検査

なぜ「糖尿病の可能性が高い」としか言わないかというと、尿糖は実際に知りたい血糖の間接的な数値でしかないためです。糖「尿」病というだけあって、尿糖は糖尿病に深く関係しており、尿糖を知ることで排尿から排尿までの血液の状態を知ることができるのです。しかしこれはあくまでも血糖値が反映された数値ということであって、直接糖尿病を知るにはやはり、血液検査で血糖値を調べる必要があります。

 

尿糖への反映は個人差もあるものです。ですから尿糖の数値のみで糖尿病を判定するわけにはいきません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/27-370760.php?category=390])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

検査に関する記事

空腹時血液検査のウラ技! 隠れ糖尿病を見つける

  糖尿病は血液中に含まれる糖の濃度、血糖値が高くなる病気です。 そして、血液...

糖尿病のふるいわけ~定性・定量ふたつの尿糖検査

  糖尿病を知る検査のひとつに尿糖検査というものがあります。尿糖というのはその...


まずは低血糖症検査を

  血糖値が原因だとはわからなくても、何かしらの原因不明の症状に悩まされていたら...

献血で糖尿病検査が無料で受けられるって本当?

  生活習慣病の1つで、気づかないうちに進行することが多い糖尿病。大変恐ろ...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る