カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 卵巣・卵管 >
  5. 若い女性でも発症する卵巣がん!見つける方法とは?

女性のカラダの悩み

若い女性でも発症する卵巣がん!見つける方法とは?

 

卵巣がんは日本で年間8000人程が発症するガンと言われています。早期発見・早期治療の場合には治癒がしやすく、死亡率は昔に比べると減ってきています。

 

しかし、悪性の卵巣がんについては増加傾向にあり、卵巣がんと気づいた時にはすでに進行しているケースも。卵巣がんはどのようにして見つけるのでしょうか?その方法にもせまってみましょう。

 

 

◆見つけだす方法とは?

卵巣がんは初期症状には気付きにくいのですが、がんの進行に伴いお腹の張りや、シコリ・コブなどの違和感性器の不正出血や膀胱などへの圧迫感を感じるようになります。

 

下腹部の違和感を感じて、初めて病院を受診されたり、または定期的に検査を行っていることで、卵巣がんだと判明します。卵巣がんを見つけ出すためには、超音波検査腹部CTMRIなどの検査を行わなければなりません。

 

◆腹部超音波とは?

腹部超音波では、お腹の表面に専用(医療用)のジェルを塗り、ブローブといわれる医療器機を当てて腹部の中をモニターで映し出します。腹部超音波は腹部の表面を自由に動かしてみる事が出来るので広い視野で内部を観察できます。

 

しかし、腹部超音波での検査よりも、経膣超音波(経膣エコー)のほうが、ガス・脂肪による妨げが少ないので、より鮮明で詳しい画像を得るために、腹部超音波よりも経膣超音波での検査を取り入れている病院もあります。より詳しい診断をするためには腹部CTMRIを行います。

 

◆どんな人が卵巣がんになりやすい?

卵巣がんになりやすい人とは、以下のような方が当てはまります。

・喫煙されている方

・不妊・出産経験が無い方

・早期に閉経をされた方

・生理不順な方

・肥満、高血圧、糖尿病の方

・家族や親戚に卵巣がんになった人がいる方(遺伝要素)

 

 

卵巣がんを発見するためには、まず検査をうけなければなりません。その検査が、“症状を感じてから”受けるのか、“定期的に”受けるのかによっても、早期発見できる可能性に差が出来てしまいます。

 

卵巣がんは子宮がんと比べて、予後があまり良くないとされています。死に至るケースも、稀ではありません。進行度がステージ3・4だった場合、その5年後の生存率は20~30%10年後の生存率は10%と言われています。早期発見がとても重要なため、定期的に診断を受けることをおすすめします。

 

Photo by: //www.ashinari.com/2008/11/07-010090.php

 

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

卵巣・卵管に関する記事

腹部超音波検査で卵巣嚢腫だと判明!どうしたら良い?

  定期的な検査や婦人科検診、腹部に違和感や吐き気などを覚えての受診・・・...

閉経後のホルモン補充療法によって「卵巣がん発症」の可能性が…その真偽とは?

閉経するとホルモンのバランスが崩れるため、更年期障害の症状が見られるようになり...


卵巣と卵管の炎症、子宮付属器炎の症状とは?

卵管や卵巣などの婦人科系の臓器は、病気にかかっていても初期症状がわかりにくいと...

「排卵痛」を使って妊活はできる?できない?排卵日と排卵痛の関係を知ろう!

排卵と妊娠は切り離して考えることのできないことです。大まかに言えば排卵の時期に...

カラダノートひろば

卵巣・卵管の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る