カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 動物に噛まれた >
  5. 治療法はあるの?!猫ひっかき病!

育児・子供の病気

治療法はあるの?!猫ひっかき病!

 

猫にひっかかれたり噛まれたりすることで起こる猫ひっかき病!もし、お子さんが猫ひっかき病になってしまったら、どのような治療があるのでしょうか?

 

 

◆治療法とは?

基本的には、何もしなくても自然に治ることが殆どなので、これといった治療法が無いのですが、症状が重症化してしまったり、早く傷を治したい場合には抗菌薬を使うと良いです。何も使用しなくても612週ほどで傷が回復します。

 

ここで示す抗菌薬とは、エリスロマイシンやドキシサイクリンなどの内服薬・ゲンタマイシンなどの軟膏薬です。

 

◆投与する薬にも注意が必要!

やはり、重症化させたくない、少しでも早く治してやりたい!そんな思いから、子どもに薬を服用させる方もいますが、その場合に注意していただきたいことがあります。

 

テトラサイクリン系抗生剤であるミノサイクリンも、傷の回復には効果的なのですが、ミノサイクリンの副作用として歯牙の着色を起こす場合があります。永久歯がまだ生えていないお子さんには十分に注意が必要です。

 

◆噛まれた場合には病院へ!

噛まれたことや、引っかかれたことで起こる“猫ひっかき病”も心配ですが、それだけでなく、猫の口の中には沢山の細菌が存在します。猫に噛まれてしまうと、猫ひっかき病とはまた違う病気を起こしかねません。

 

猫ひっかき病であれば、その後の特別な治療は無いにしても治癒していきますが、別の病気にかかった場合には、また対処が異なるケースもあります。更に、噛まれた方が病院へ行くのと同様で、噛んだ猫も、動物病院へつれて行きましょう。(野生でない場合)

 

野良猫であれば、わざわざ動物病院へつれて行くことも難しいかもしれませんが、飼い猫であれば動物病院で見てももらい、ノミ駆除などを行ってください。

 

 

野良猫は、とても警戒心が強い猫が多く、人との距離が縮まると、ひっかいてくることも珍しくありません。野良猫には不用意に近づかないようにしましょう。

 

Photo by: //www.ashinari.com/2014/04/03-387913.php?category=50

 

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動物に噛まれたに関する記事

ハブ・マムシに噛まれた!噛まれたあとの症状 子どもが噛まれた場合の危険性とは?

  お休みの日に家族で山の方へ出掛けたとき、自然が多いところでのんびりできるの...

ヘビに噛まれた!でも何のヘビに噛まれた?噛まれた場所から判断するヘビの種類

  住んでいる場所が都心部であれば、日常の中でヘビに出会うこともなかなかないと...

動物に噛まれたの体験談

あらら~!これは大丈夫なのか?

 年末に我が家で地元の友達数人と忘年会をしていたときのこと☆ 来てた人の中に友達家族もいて、娘ちゃ...

カラダノートひろば

動物に噛まれたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る