カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 検査 >
  5. 数値 >
  6. 「血中インスリン活性検査」で糖尿病をより精密に知る!

生活習慣病

「血中インスリン活性検査」で糖尿病をより精密に知る!

 

糖尿病を語る上で「インスリン」という単語は外すことができません。血中の糖のバランスとインスリンの濃度は深い関係にあります。そのため糖尿病の検査でもこのインスリンが活用されることがあります。

 

インスリンってそもそも何?

インスリンとは膵臓から分泌されるホルモンのことです。インスリンは、ブドウ糖が細胞に取り込まれてエネルギーを作り出すときに欠かせないもので、健康体ならばインスリンのバランスがとれており、血中の濃度が一定になっています。しかしこのインスリンのバランスが崩れて、不足したり、インスリン抵抗性が高くなる(インスリンが効きづらくなる)と、糖をエネルギーとして作れなくなり、結果血糖値が上昇します。

 

インスリンを調べる血中インスリン活性検査

血糖値が上がる原因は、インスリンだけではありません。他の疾患を生じていても血糖値が上がる場合がありますし、服用している薬によっても左右されます。そのため、インスリン以外の可能性が残る患者に対しては、血中のインスリンについて調べる必要があるのです。その検査が血中インスリン活性検査です。

 

血中インスリン活性検査を具体的に知る

この検査は通常、ブドウ糖液を飲んで血糖を調べるブドウ糖負荷試験の際に、一緒に行われます。ブドウ糖液を飲んでその後採血をし、インスリン濃度を測定するのです。

 

「基準値」

空腹時:15.1μU/mL以下

ブドウ糖液摂取30分後:0.5△IRI/△BS

ふたつ基準値があるのは、変動が重視されているからです。インスリン自体の変化と、その変化の血糖値との比較とをもってして判断されます。

 

「判定」

空腹時が低値の場合、1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)が考えられ、

空腹時が正常で負荷を与えた際の値が低い場合、2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)が考えられます。

 

こうした値を元に糖尿病の最終診断が下されたり、糖尿病のその後の治療方針が立てられたりします。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/16-010315.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

数値に関する記事

実は難しい!?血糖値の正常値が知りたい!3つの血糖値の「正常範囲」を解説

「血糖値っていくつならOKなの?」と言われて「○○mg/dlだよ!」と言うこ...

糖尿病検査に用いられる血糖値って3種類もある!血糖値を測る意味とそれぞれの値について

糖尿病の検査と言えば血糖値がまず思い浮かびます。血糖値を測る意味と普段・空腹...


血糖値以外にも要注意!HbA1cが高い人は糖尿病の可能性があります!

糖尿病と上手に付き合っていくためには血糖値のコントロールが大切です。糖尿病と...

糖尿病はどのように確定診断されるの?値が●●mg/dl以上ある場合は糖尿病と診断!

糖尿病に限らず様々な病気は、検査や診察を経て病名を確定させる確定診断を行うの...

カラダノートひろば

数値の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る