カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 陣痛促進剤は悪い薬ではない!陣痛促進剤が使用されるのは○○なとき

妊娠・出産

陣痛促進剤は悪い薬ではない!陣痛促進剤が使用されるのは○○なとき

陣痛促進剤とは、起こっている陣痛を促進することを目的とした薬剤になります。お母さんの体内で分泌される子宮収縮物質によく似たものを人工的に作り出し、それを薬剤として使用するものです。

 

陣痛促進剤が使用される場合

では、この陣痛促進剤は、どのような場合に使用されるのでしょうか?

それは、なかなか赤ちゃんが生まれず、難産になるのでは…という恐れをなるべく避ける時になります。

 

たとえば、長時間にわたって続いた陣痛のせいで、母体が疲れてしまうことで子宮が収縮する力が弱まってしまったときに生じる微弱陣痛が生じてしまったら、赤ちゃんは無事にお腹の外に出てくることができません。

そんな危険性をなるべく避けるために陣痛促進剤を使います。

 

陣痛促進剤は悪い薬ではありません

このように難産を未然に防ぐ上では非常に役立つ陣痛促進剤ですが、一般的にあまり良いイメージを持たれていないというのが現状です。

中には「何があっても陣痛促進剤だけは使わないで下さい」と希望するお母さんもいらっしゃるほどです。

 

そんな方が抱いている陣痛促進剤に対するイメージはたいてい「陣痛促進剤は赤ちゃんに悪い薬だ」というものです。それは大変間違った誤解です。

 

まず、陣痛促進剤を使用することで生じる事故というものは、誤った使用法あるいは行き届いていない監視など医療側のミスによるものです。陣痛促進剤自体は悪いものではありません。

 

また、陣痛促進剤のある面だけを取り上げたりした情報や、少ない情報収集から抱いた偏った価値観が「陣痛促進剤は悪い薬」とするイメージの原因であることが多いです。

 

陣痛促進剤はきちんとした使用法・行き届いた監視下で使用すれば、全く問題のない、むしろ難産を避けることのできる有効な薬剤です。

間違ったイメージを抱いている方がいらっしゃるのならば、今一度その誤解をなくしてみてはいかがでしょうか?

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_8954.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

陣痛に関する記事

陣痛促進剤を使うのってどんな時?出産目前の妊婦さんが知っておきたいコト

出産を目前に控えた妊婦さんは、色々な可能性を頭の中で考えては不安になったり喜...

陣痛の兆候、起こりやすい時間など、出産前に陣痛について知っておこう!

全ての妊婦さんがそうですが、出産は誰もがぶっつけ本番です。特に初めての陣痛は、...

陣痛の体験談

こんな私でもちゃんと赤ちゃんを産めました!陣痛の感じ方や痛いところ

陣痛とひとくくりに言っても、痛みの感じ方、痛いところは人それぞれだと思います。 私の場合はどんなふ...

陣痛の痛みはどんな痛み?2人目、経産婦の出産体験談

第2子出産の時、第1子と違って陣痛の痛みを一度経験しているため、痛みの心構えはできていたと思います。...

カラダノートひろば

陣痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る