カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園・幼稚園 >
  5. 引越しなどによる幼稚園の転園に必要な手続きって何?

育児・子供の病気

引越しなどによる幼稚園の転園に必要な手続きって何?

急な引っ越しでは様々な手続きが必要となります。

もし幼稚園や保育園に通っているお子様がいらっしゃる場合には、その保育園や幼稚園の転園の手続きも必要となります。

まず、一番最初に行って欲しいのは、転居先に入園できる保育園や幼稚園があるかどうかを直ちに探すことです。

 

定員に空きがあるか確認にしよう

公立の小中学校とは異なり、保育園や幼稚園は定員に空きがなければ入園することは不可能です。

私立の幼稚園の場合にも、定員が設けられていることから空きがないと編入を断られてしまいますので気をつけましょう。

このような実状もあり、引越が確定したら早急に定員の確認をしなければなりません。

 

幼稚園・保育園の転園の手続き

<幼稚園の転園手続き>

市町村によって手続きの方法も異なりますが、一般的に下記のものを揃えて転園する新しい幼稚園に提出します。

・必要事項を記入した新しく転園する幼稚園の入園願書と誓約書など

・以前に通っていた幼稚園から交付される在園証明書と住民票

 

このように必要書類が多いので、抜けのないようにしっかりと確認しましょう。

 

<保育園の転園手続き>

一方、保育園の転園手続きはシンプルなものです。

市町村によって多少の異なりはあるものの、一般的には役所に必要書類を提出するのみです。

 

待機児童とも言われる「保育園に入れない子供たち」が年々増加しているという近年の傾向もあります。

ですから、その手続きをしたからといって、必ずしも引越し先の保育園に入れるとは限りません。

 

しかし、中には転入先の住所が確定した時点でも入園の申し込みが可能となっている自治体も存在しますので、転居先の保育園を調べる際に確認することをおすすめします。

 

このように、転園の手続きも少し手のかかるものです。

何はともあれ、引越しが決まったその段階で転園先の保育園や幼稚園を探すという風に早めの準備をすることを心がけて下さい。

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/12/blog-post_7854.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・幼稚園に関する記事

メリットを沢山説明して羨ましがってみよう!子供の休み明けの登園拒否について

保育園や幼稚園の休み明けは、子供も登園を嫌がりやすいものです。 体験談を踏まえ...

保育園生活がスタート!でも別れ際に子どもが大泣き!泣かせないためにはどうしたらいい?

   保育園への入園が決まり、母子共に新生活のスタート。 頑張って仕事するぞ...

保育園・幼稚園の体験談

一歳から保育園へ入園

育児休暇が終わり一歳になった娘を保育園に入園させました。 本当は3歳くらいまで自分でみてやりたかっ...

現在、専業主婦。子供3人。働きたい。

ほぼ、ずっと専業主婦の私ですが。 子供も3人になり、働かなくてはならない状況になりそうで、働き方を...

カラダノートひろば

保育園・幼稚園の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る