カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病患者の「シックデイ」これに気をつける!

生活習慣病

糖尿病患者の「シックデイ」これに気をつける!

 

糖尿病を発症していても、基本的な体がしっかりと健康状態ならば、日々の努力によって血糖値をコントロールすることができます。しかし、いざ体の調子を崩してしまうと、血糖値の値も一気に崩れてしまいます。

 

危険なシックデイ

風邪などの病気にかかると、体が感じる負担に反応して血糖値が上がります。この風邪などの病気になったときをシックデイと呼ぶのですが、このときの血糖値の上昇には十分に注意しなければなりません。たとえただの風邪を引いたのだとしても、糖尿病患者さんの場合、条件が重なれば血糖値が異様に高くなって、危険な状態になることもあります。

 

自分の状態を把握することが必要

シックデイのとき必要なのは細かい自己チェックです。

体温

心拍数

体重

食事量

血糖値(あるいは尿糖値)

といった値を参考に自分の状態を把握しましょう。特に血糖値はなるべくこまめに計測しておくと、いざ医療機関を受診するとなったときに参考になります。このとき、普段の血糖値の変化も分かっていると、正常な状態との比較ができてよりよいです。

 

こんな場合は病院へ行く!

高血糖が著しい(350mg/dL以上)

250mg/dL以上の高血糖が継続している

尿糖検査で強陽性が継続している

39度以上の発熱があった

38度の高熱が長引いている

息苦しさが続いている

食事がほとんどとれない

2~3日たっても回復の兆しがみられない

糖尿病の薬の加減が分からない

その他の強い自覚症状がある

自己チェックをしてしばらく様子をみることも良いですが、こうした症状が確認されたら、近くの医療機関を受診したり、主治医に連絡を取って指示を仰いだりする必要があります。もし普段通っていない医療機関を受診する場合には、自分が糖尿病であることを伝え、服用している薬、療養経過を記録したものなどを持参しましょう。

 

糖尿病患者にとってはたかが風邪、とはなりません。あらかじめこうしたことを想定しておいて、シックデイになったときのルールを設けておくことも一つの手です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/04/02-035496.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ますます増加の糖尿病患者数~世界の糖尿病死亡率ランキング

    糖尿病患者数は年々増え続け、2型糖尿病については、すべての国で増加傾...

「太った?」に要注意!5kg以上太ると糖尿病リスクがUPする!?

昔から太り気味の人は糖尿病にかかりやすいと言われています。そして昨今では体重...


大災害に備えて~糖尿病の人は非常用持ち出し袋になにを入れる?

大災害は、いつ起こるかわかりません。 地震や台風など、日本に住んでいる限り...

糖尿病の予防にはダイエット?肥満度をチェックしよう!肥満と糖尿病の関係、BMIについて

肥満は糖尿病を引き起こすとされています。それだけに注意も必要です。肥満と糖尿...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る