カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肺活量 >
  5. 肺活量を鍛えたい人必見!肺活量UPの3つの方法

健康診断・健康管理

肺活量を鍛えたい人必見!肺活量UPの3つの方法

 

スポーツ選手や歌手は一般の人より、特に肺活量が多いと言われ、肺活量を増やすトレーニングをしていることも。日常生活でもできる肺活量を鍛える3つの方法を紹介します。

※健常人よりも肺活量が非常に少なく治療中という方は、これらのトレーニングを行ってもよいかどうか医師に確認したうえで行いましょう。

 

1.ペットボトルを吸って潰す?!

肺活量を上げるトレーニングの中で最も簡単なのがペットボトルをつぶす方法です。

歯を当てないように、唇全体で包み込むようにして口に空のペットボトルをくわえます。

そして、呼吸しながらペットボトルに空気を入れたりペットボトルから空気を抜いてつぶしたりして肺活量を鍛えます。

 

ペットボトルがつぶれるときは息を吸っているときですが、意識するのは息を吐くときです。

 

2.姿勢を常に正して肺活量アップ

肺活量を上げる2番目の方法は姿勢を常に正すことです。

日本人に多い猫背の姿勢は胸のあたりが曲がり、体内でも胸郭の圧迫と呼吸筋の弱体化が見られます。

背骨がゆるいS字を描くような姿勢を常に取りながら過ごすことも肺活量アップにつながります。

 

3.限界まで吸う・吐く

楽器などを演奏するために長く息を使いたいときにも効果的な方法が、腹式呼吸で限界まで吸ったり吐いたりすることです。

吸うときにはお腹を膨らませ、吐くときにはお腹をへこませながら限界まで吸う・吐くを繰り返してみてください。

限界かな、と思ったらそこで2秒程度息を止めるのも効果的です。

 

肺活量を鍛えるためのトレーニングにはペットボトルを使ったものや腹式呼吸の練習などがあります。

いずれの方法でも体調に異常が出た場合は無理に続けないでください。

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/03/04-358605.php )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺活量に関する記事

呼吸機能検査で分かること~フローボリューム曲線とスパイログラムが示す呼吸器の機能を知ろう

  呼吸機能検査は小さめのホース状のものを口にくわえて息を吐きだす検査です。そん...

肺活量の検査はどんなことがわかるの?肺活量の検査で分かる%肺活量と一秒率

  肺活量は一言で言うと肺の換気能力を測るための検査ですが、肺の換気能力とは言...


呼吸機能検査(スパイロメトリー)ってどんなふうに行われるの?注意点は?

  呼吸機能検査(スパイロメトリー)はスパイロメーターという機械を使って行う検...

肺活量の検査をしたら一体何がわかるの?病気の重症度がわかる!

           息切れや咳などの自覚症状が見られた場合には、肺活量の検査...

カラダノートひろば

肺活量の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る