カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 胃部X線 >
  5. 胃部X線検査の直接撮影と間接撮影の違いって?

健康診断・健康管理

胃部X線検査の直接撮影と間接撮影の違いって?

健康診断の胃部X線検査では胃がんや胃潰瘍など胃の内部で起きている問題を素早く見つけるために行われます。

特にガンについては早期発見が非常に重要ですので、会社で行う健康診断などでも胃部X線検査は取り入れられています。

そんな胃部X線の検査には直接撮影と間接撮影の2種類があるのですが何が違うかを見てみます。

 

●どちらの撮影もバリウムを飲んで行う

胃部X線撮影と言えばおなじみの造影剤である白い液体、バリウムは直接撮影でも間接撮影でも飲まなければいけません。

直接撮影も間接撮影もX線での検査という点が同じですので、X線の造影剤となるバリウムは両方の検査で必要とされます。

 

●X線テレビを見るか、フィルムを見るか

胃部X線検査の直接撮影ではX線テレビという機械、映像で見られる機械を使うことが大きな特徴です。

一方で間接撮影では胃の中の写真を撮って写真で確認します。

 

大まかに言えば胃部X線検査においては直接撮影が映像、間接撮影が画像での診断という違いがあるのです。

ただし、直接撮影でも画像は用いられるので、間接撮影よりも直接撮影の方が精度にすぐれているという特徴があります。

 

●精度の低い間接撮影が行われる理由とは?

間接撮影は直接撮影に比べると診断の能力的には劣る部分があるのは否めません。

ですが、間接撮影が行われている理由は、医師側からすると大量の人数の検査を素早く行えるメリットがあるからです。

間接撮影で少しでも疑いがあれば精密検査を行うので、最初のふるい分けとして間接撮影を行うと考えてください。

 

胃部X線検査には映像で見る直接撮影と写真で見る間接撮影の2種類があります。

間接撮影は精度が低いタイプの検査ですが、最初のスクリーニング的要素は十分あり、大規模な企業などでの健康診断では間接撮影を選択する傾向がみられます。

(Photo by:  //www.ashinari.com/2011/07/19-348508.php?category=393 )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃部X線に関する記事

胃部X線検査での注意点!検査前日・当日は何に気をつければのいいの?

                    胃部X線検査と言っても馴染みがない...

検査が苦手…という方へ 胃部X線(バリウム)を受けるときのコツと注意点

バリウムを飲まなければならない胃部X線検査は苦手という方も多いかもしれません。...


胃部X線検査はどんな手順で行われるの?胃部X線検査の手順で注意すること

                胃がんを早期発見し、早期治療を行えるように...

カラダノートひろば

胃部X線の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る