カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. 脳血管性認知症 >
  5. 予防 >
  6. 血管年齢を若返らせる!認知症予防のためのアンチエイジング方法

介護・認知症

血管年齢を若返らせる!認知症予防のためのアンチエイジング方法

 

 

脳血管障害(脳梗塞、脳出血)の原因である動脈硬化を予防するために、血管年齢若返らせることで、脳血管認知症の予防につながります。血管は私たちの体の全身を通って、栄養や酸素を休みなく運んでくれて、老廃物も運び出してくれる、とても大切な役割を果たしています。その血管若々しく保つことが、元気で長生きをする秘訣です。

 

 

 (血管障害で起こる死因が上位に!)

 

脳血管障害心筋梗塞の原因となる動脈硬化は、血管の老化によって動脈の弾力性がなくなり、脆くなったり、血管内の幅が狭くなって血液流れにくくなった状態を言います。 動脈硬化は、肥満過度のストレス喫煙が原因で起こるため、生活習慣を改善して血管を健康に保つなど意識して動脈硬化の予防に努めましょう。

 

 (血管を若返らせるためにできること)

 

年齢を重ねると、誰でも老いていきます。それは血管も同じですが、血管もアンチエイジングが可能です。一度、動脈硬化になるとなかなか元には戻りませんが、これ以上の血管の老化を進行させないようにするには、健康的生活習慣を身につけることです。血管を元気にするという事は、体も元気になるという事です。

 

また、最近、「年齢ペプチドラクトトリペプチド)」と呼ばれる成分が、血管若返りに効果的!と注目されています。血管内皮細胞の働きをサポートする働きのある、この年齢ペプチドは、体内では作り出せない成分で、牛乳に含まれるたんぱく質から生み出される天然成分です。サプリメントで取り入れることができます。

 

 

 このように、脳血管障害の予防をすることが一番重要だと言われています。健康的な生活を心掛けているけど、なかなか改善されないと悩んでいる人は、健康補助食品(サプリメント)などを利用するのも一つの方法ではないでしょうか?最近は色んな研究が進んでいるので、まずは、かかりつけの医師に相談してみるといいでしょう。

 

 (写真://www.ashinari.com/2011/05/22-347845.php?category=53

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

脳血管性認知症予防に大事な節酒!具体的にどう行うの?

  脳血管性認知症予防に重要な習慣のひとつが節酒を行うことです。アルコールを日...

家族のことも忘れてしまう?認知症にならないために気をつけたい食事

  認知症を防ぐ!食事習慣 認知症の発症には、毎日の食事習慣がとても深く...


脳血管性認知症を予防する食事のポイント 味付けはハーブで♪

  脳血管性認知症を予防するためには動脈硬化を予防しなければなりません。 と...

噛むだけで脳を活性化!?噛む力で認知症予防!

        よく噛んで食べると体に良いと言われていますが、忙しくて食...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る