カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 便潜血(ST1) >
  5. 便潜血(ST1)の測り方は免疫法と化学法の2つあります!便潜血の結果で何が分かるの?

健康診断・健康管理

便潜血(ST1)の測り方は免疫法と化学法の2つあります!便潜血の結果で何が分かるの?

 

血液は人間の体の隅々まで行き渡って栄養分を運んだり不要な老廃物を持って帰ったりしています。

ですがそんな血液が本来出るべきではないところから出た場合には注意が必要です。

女性の月経中以外は尿に血液が多く含まれることはないため、尿潜血といって尿に血液が入っていないかのチェックが健康診断では行われます。

同じように、便に血液が入っていないかをチェックするのが便潜血(ST1)と呼ばれる検査です。

 

●便潜血の免疫法

便潜血の免疫法というのは体の中の出血では下部消化管からの出血を発見できる方法です。

免疫法では人間の血液のヘモグロビンがあるかどうかを調べるので、例えば検査前に肉を食べたり鉄分を補給したりしていても異常値が出ることが少ないのがメリットです。

検査前の食事制限がないことから受診者の負担が少なめともいえますが、胃や十二指腸の出血が陰性として出てしまう問題もあります。

 

●便潜血の化学法

免疫法とは違って胃や十二指腸の出血に対してもしっかりと陽性反応が出るのが化学法です。

消化に関する臓器のどこかで出血があった場合に幅広く発見できるのが免疫法よりも化学法が優れている点です。

その一方で、肉や鉄分に反応しやすいのが化学法のデメリットですので、検査前2-3日は医師が指導した食事制限を行わなければなりません。

 

便潜血は便に本来は混じることのないヘモグロビンを測ることで大腸や消化機能関連の臓器の異常を発見する検査です。

古くからあるのは化学法ですが、食事制限などが必要という側面から免疫法を使うケースもみられます。

免疫法では食事制限がない代わりに、十二指腸などの出血を陽性として出せないデメリットがあります。

便潜血でわかる病気には食道潰瘍や胃潰瘍、大腸がん、クローン病、大腸ポリープなどがあります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/02/13/11/57/wc-265279_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

便潜血(ST1)に関する記事

痔も便潜血陽性を引き起こすんです!内視鏡検査やレントゲン検査で精密検査!

  便潜血は便に出る血液を見ることで、大腸や胃腸の病気を早期発見する検査です。...

便潜血の検査方法 ~陽性反応で考えられる疾患、大腸ポリープ、食道がん…

               健康診断の結果項目では「ST1」と省略される便...


便潜血の検査で陽性反応が出た場合、どうすればいいの?再検査で精密検査を行おう

             健康診断で「便潜血(RT1)」の項目に陽性の(+)...

尿や便に血が混じる潜血!便潜血から考えられる大腸の病気とは?

尿や便に血が混じっている場合、何らかの病気の疑いもあります。便潜血と大腸の病...

カラダノートひろば

便潜血(ST1)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る