カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 梅毒検査(RPR) >
  5. 梅毒検査のRPRってどんな検査?TPHAとの併用で診断に使われるんです!

健康診断・健康管理

梅毒検査のRPRってどんな検査?TPHAとの併用で診断に使われるんです!

 

梅毒は昔の病気と思っている方も多いかもしれませんが、実は最近梅毒患者が増えています。

2013年には若年層を中心として1200人以上が梅毒にかかったことが国立感染症研究所から発表されました。

 

●梅毒検査RPRとは?

梅毒検査のうちRPR法はSTS検査という大きな検査のひとくくりになっており、同じSTS検査にはワッ氏法などがあります。

RPR法が含まれるSTS検査は簡単に言えば、血清中にある脂質を入れてそれに反応するかどうかによって陰性・陽性を出す方法です。いくつかの手法の違いがあることから名前の違いもあります。

同じSTS検査でもガラス板法ではガラス版の上で反応を見ますが、RPR法では試験管内もしくはカードの上で反応を見ます。

特に使われる脂質(カルジオリピンという脂質を使っています)には違いはありません。

 

●梅毒検査TPHAでは梅毒を抗原にする

RPR法の他に梅毒検査と言えばTPHAがありますが、こちらは脂質を使って反応をみるのではなく、梅毒の病原体を入れて反応を見ます。

RPRでは陽性が出たとしても病気の範囲が広いのがデメリットですが、TPHAは梅毒にダイレクトに反応しやすいメリットを持っています。

そのため、RPR法だけではなくTPHA法との併用、そのほかの精密検査によって最終的な梅毒診断が下されています。

ちなみに初期の検査では陽性・陰性を表す定性検査ですが、陽性が出るとどれくらい反応しているかを表す定量検査を行います。

 

梅毒検査には血液中から採った血清に抗原を入れて反応を見るRPR法(STS検査の一部)やTPHAなどがあります。

RPR法は脂質を抗原としていることから、梅毒だけではなく自己免疫性疾患に反応することもあれば生物学的偽陽性が出ることもあります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2010/12/13/10/07/beautiful-2315_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

梅毒検査(RPR)に関する記事

RPR陽性から考えられる梅毒以外の病気 ハンセン病、自己免疫疾患の可能性が…

  梅毒検査であるRPR陽性が出たといっても梅毒ではない可能性もあります。 ...

梅毒の検査「RPR法」ってどんなもの?

               梅毒の検査でよく用いられる検査法としては、RP...


梅毒の検査ってどんなもの?検査の流れについて

       関連する記事 ...

カラダノートひろば

梅毒検査(RPR)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る