カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 予防 >
  6. その他 >
  7. アルツハイマー型認知症になりたくない!今からできる予防方法

介護・認知症

アルツハイマー型認知症になりたくない!今からできる予防方法

 

 

 

アルツハイマー型認知症は、今のところ、完治の方法が分かっていない病気で、その進行具合は人それぞれですが、確実に進行します。治らないなら、まずは予防をすることが大切です。

 

 

 (認知症にならないために気を付けること)

 

認知症の危険因子は、高血圧糖尿病高脂血症などの生活習慣病と言われています。

これらの危険因子は、バランスの良い食事を摂取し、定期的な運動質の良い睡眠をとることで予防できます。という事は、普段の生活習慣に気を付けるだけで、認知症の予防になるという事なのです。

食生活の改善として、脂肪の多い食事は避け、肉よりの摂取を多くする、野菜果物を積極的に食べるようにして、散歩体操など、体を動かす事を心がけましょう。日中にたくさん活動することで、よく眠れるようになります。昼間から横になってTVを見たりしていると、夜が眠れなくなってしまい、昼夜逆転のパターンに陥りやすくなります。

 

 (病気には早期発見・早期治療が効果)

 

どの病気も同じですが、早く見つけることで治療も早く始められ、治る確率が高くなりますよね。認知症も症状が軽いうちに見つけ、適切な治療を受けることで、進行を遅らせたり、場合によっては改善されることもあります。なので、超初期の段階で、「なんかおかしい」と思った時に、すぐかかりつけ医の先生に相談することが大切です。

かかりつけ医で、認知症の検査をしてくれます。かかりつけ医では不安という時は、個人病院でも「物忘れ外来」があるところで診てもらうこともできます。

 

 

認知症の予防には、まずは、毎日の生活習慣を意識し、少しずつ改善することです。もし、いつもと違う事や、不安なことがあれば、かかりつけ医を受診し相談することで、早めの対応を心がけましょう。そうすることで、認知症になっても1日でも長く普段の生活に近い幸せな時間を送ることができるのです。

 

(写真://www.ashinari.com/2012/02/01-356550.php?category=281

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

日常の動作から『ワーキングメモリー』を鍛えよう!

「何かをしようと思ってこの部屋に入ったけど、何だったっけ?」「コンビニに寄っ...

ローズマリー精油の認知症改善効果、その機序とは?「カルノシン酸」「シネオール」が関連

近年、ローズマリー精油と認知症の予防・改善効果が注目されています。ローズマリー精...


認知症の改善・予防に鍼灸治療

     認知症患者の数は年々増えています。 日本の人口の4分の1は65歳...

アルツハイマーの危険因子と保護因子

アルツハイマーの原因となる原因“危険因子”は自分でコントロールできるものと年齢や...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る