カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. ケアハウス >
  5. 軽費老人ホームって種類がたくさんあるけど、どこが違うの?

介護・認知症

軽費老人ホームって種類がたくさんあるけど、どこが違うの?

 

 

軽費老人ホームは、社会福祉法に定められた福祉施設です。ケアハウスとも呼ばれていますが、種類が3種類あります。

 

 

<軽費老人ホームA型>

 

60歳以上(一人暮らしや夫婦の場合はどちらかが60歳以上)で、身体機能の低下により自立した自宅での生活に不安がある。身寄りがいないか、家族はいるけど同居が困難な場合に、少ない負担で入居できる施設低額の給食サービス必要な日常生活支援を行います。

所得制限34万円までの方が利用できます。

費用は国の補助金があるので、低額の料金で利用でき、年金所得に応じて利用料が決定されます。施設によっても違いますが、居住費食費生活費等がかかります。

 

 <軽費老人ホームB型>

 

60歳以上(一人暮らしや夫婦の場合はどちらかが60歳以上)で、身体機能の低下や、利用料は払えても、低所得者で住宅環境や家庭環境などの理由で生活ができない、在宅生活に不安がある方で、身寄りがいないか、家族はいるけど同居が困難な場合に、少ない負担で入居できる施設。食事は自炊を基本としています。必要最低限のサービスのみ提供されます。

施設によって利用料金が異なります。居住費食費生活費等がかかります。

 

 <軽費老人ホームC型>ケアハウス(一般型)

 

60歳以上(一人暮らしや夫婦の場合はどちらかが60歳以上)で、身体機能の低下があり、自炊ができない程度の高齢者で、身寄りがいないか、家族はいるけど同居が困難な場合に、入居できる施設。食事サービスあり。入浴準備、必要な日常生活支援を行います。

 費用は、入所前に一時入居金が必要な場合があります。施設によって利用料金が異なります。居住費食費生活費等がかかります。

 

 *A型からC型(一般型)は、「在宅」扱いとなり、介護認定を受けている方は、外部の介護サービス(訪問介護など)が利用できます。介護サービスの1割負担は別途必要です。

 

 <軽費老人ホームC型>ケアハウス(介護型)

 

特定施設入所者生活介護」の介護保険の指定を受けた施設で「介護付きケアハウス」といいます。介護度の高い方でも入居できます。介護付きなので入浴や食事の介助もあり、機能訓練医療ケア(最低限の医療のみ)も対応です。費用は、入居一時金や介護サービス費、食費、居住費などがかかります。

 

 

それぞれ種類があり、利用できる対象者が違うため、利用を検討している方は直接、見学に行っても構いませんが、介護保険課やケアマネジャーに相談してみるといいでしょう。

 

(写真://www.ashinari.com/2011/10/31-352319.php?category=216

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケアハウスに関する記事

ケアハウスの利用料~収入認定とは?

  気になるケアハウスの費用、特に収入認定について説明します。ケアハウスの...

参考にしよう! 民間のケアハウスの申し込みから入所までの流れ

  近年、施設数が増えている民間のケアハウスに入所するまでの流れをまとめま...


介護が必要になってもケアハウスで暮らすには?ケアハウスの大きなメリット

ケアハウスで生活をしている人が、要介護状態になった場合について説明します。  ...

トラブルを避けて、より良いケアハウスを選ぶポイントとは?

ケアハウスを選ぶにあたり、事前に確認したいポイントを挙げます。   生活...

カラダノートひろば

ケアハウスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る