カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 疼痛コントロール!癌性疼痛における麻薬の使用その1

ガン・悪性腫瘍

疼痛コントロール!癌性疼痛における麻薬の使用その1

 

癌性疼痛とは、ガンによる腫瘍細胞により体の組織が破壊されたり、腫瘍に伴う種々の不快感による苦痛全体を表した言葉です。身体的な痛みだけでなく、心理的、社会的、精神的にも影響を及ぼしています。がん患者の実に70%が痛みを経験しています。しかしその痛みは、鎮痛剤を適切に使用することにより、80%はコントロール出来るといわれています。

 

 

<疼痛コントロールの基本>

 

鎮痛剤によるコントロールは、まず治療指針により以下のように決まっています。
・経口投与が基本
・時間を決めて定期的に投与
・3段階の除痛ラダーに沿って投与
・患者に合った個別の量で投与
・患者ごとに細かく配慮して投与

薬の使い方

 

上記の「3段階ラダーに沿って投与」というのは、痛みの段階に応じて薬を使い分けるやり方です。

まず、第一段階の弱い痛みに対しては、NSAIDSと呼ばれる一般的な鎮痛剤とアセトアミノフェンという弱い成分の鎮痛剤を使用します。精神的な要因もある場合は、抗うつ剤などを鎮痛補助剤として使用します。

この鎮痛剤でも効かない中等度の痛みには、弱オピオイドといわれるお薬や、低用量のオキシコンチンという麻薬を使用していきます。

そして、それでも効かない強い痛みには、オキシコンチンの量を増やしたり、モルヒネなどという麻薬を使用していきます。

麻薬の使用について


麻薬を使い始めるのは、あくまでも中等度の痛みの段階です。がん患者さんの心理としては、がん=痛み止め=麻薬のイメージが強いため、服用することを避けて、痛みを我慢したりすることがありますが、一般的な鎮痛剤のみで、痛みの症状がなくなり、生活の質もアップすることもよく聞く話です。また、痛みが強くなり、麻薬でしか対応できなくなっても、痛みを麻薬でコントロールすることで、精神的な苦痛もとれて、痛みを我慢する生活から解放されます。

 

<麻薬は怖くない>

 

どうしても、悪いイメージがとれない麻薬ですが、痛みに応じて上手に利用することで、痛みのない生活が送れます。また、麻薬を使用すると、中毒に陥るのではないか、と心配する患者さんもいますが、ガン患者さんに関しては、痛みの強さに応じて薬を使用している限り、中毒になることもありませんし、副作用も少ないといわれています。

痛みを我慢している患者さん、どうか声をあげて、痛みを訴えてください。

 

(その2はこちら //karadanote.jp/16514 )

 

(photo by: //www.ashinari.com/2013/02/28-376735.php )

著者: りえままさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

がん性疼痛の症状にはどう対処したらいいのか?‐回りの人が出来ること ・サポート‐

  がん性疼痛とは聞きなれない言葉で、「がん」と言う言葉だけでも怯んでしま...

「ズキズキ」「ビリビリ」原因によって異なる癌生疼痛の症状について

  がんによる痛みは多くの患者さんが抱えている悩みです。現在ではほとんどの...


8割は痛みのコントロールが可能?!癌性疼痛の種類と痛みの原因

  がん患者の殆どが痛みを経験したと言います。癌性疼痛の8割はコントロール...

癌生疼痛の中等度、高度で使用されるオピオイド鎮痛薬(医療用麻薬)とは

世界中で疼痛緩和治療の基準とされている3段階除痛ラダーでは、中等度と高度でオ...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る