カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 自然なことだとしても痛くてつらい…我慢するしかないの?後陣痛の症状と治療法

妊娠・出産

自然なことだとしても痛くてつらい…我慢するしかないの?後陣痛の症状と治療法

 陣痛というと、出産時に生じるとても痛いものという認識だと思います。

しかし、出産後にも陣痛があることをご存知ですか?

無事に子供を出産した後の数日間に生じる痛みのことを後陣痛と言います。

 

この後陣痛とは子宮収縮によって生じるものです。そのように生理的に生じる後陣痛はむしろ好ましいものであり、特別な治療を施したりはしません。

 

しかし、その後陣痛が非常に強い場合にはお母さんの負担にもなりますから、治療により軽減する場合もあります。

 

こちらではあまり馴染みのない、後陣痛の症状とその痛みの度合いが酷い場合の治療法について簡単にご紹介したいと思います。

実際に痛みに悩まされている方、あるいは出産を控えた方には是非参考にしていただければ幸いです。

 

後陣痛の症状と治療法について

後陣痛の症状

上記にもありますように、後陣痛は産後数日間に現れる子宮収縮に伴う痛みになります。

この痛みは経産婦さんにより強く現れる傾向にあります。また、授乳により痛みが増大することもあります。

 

生理的現象ですから、通常は後陣痛に対する治療は行われませんが、痛みの程度が酷い場合にはお母さんの負担のことも考え、痛みを和らげる治療を行います。

 

後陣痛の治療法

後陣痛の程度や痛みの感じやすさというものは人によって異なります。

なにより、後陣痛になってしまった場合は、無理をせず、安静に過ごすことが大切です。

痛みがあまりにも強くお母さんの負担となっている場合には、子宮収縮剤の投与の中止を行います。それでも痛みが強いままである場合には、抗炎症薬を抗生剤とともに使用します。

 

後陣痛は生理的現象であり、決して怖いものではありません。

しかし、痛みが強いと余計な負担になりますからどう対処するか、担当の医師とよく相談し治療の方向性を決めることをお勧めします。

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2014/04/blog-post_3.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

陣痛に関する記事

陣痛から出産まで、実際はどれくらいの時間がかかる?分娩中のトラブル"難産"について

はじめての出産の前に、たくさんの先輩ママに「どれくらいかかった?」と聞いてみ...

陣痛促進剤の副作用を知りたい!陣痛促進剤を使って過強陣痛になることはあるの?

陣痛促進剤をご存知でしょうか?その名の通り、陣痛促進剤とは陣痛を促進するための...

陣痛の体験談

こんな私でもちゃんと赤ちゃんを産めました!陣痛の感じ方や痛いところ

陣痛とひとくくりに言っても、痛みの感じ方、痛いところは人それぞれだと思います。 私の場合はどんなふ...

陣痛の痛みはどんな痛み?2人目、経産婦の出産体験談

第2子出産の時、第1子と違って陣痛の痛みを一度経験しているため、痛みの心構えはできていたと思います。...

カラダノートひろば

陣痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る