カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 橋本病 >
  5. 橋本病になっても仕事は続けられる?

気になる病気・症状

橋本病になっても仕事は続けられる?

様々な検査の結果から、橋本病と診断された方はきっと「今の仕事は続けられるのかな?」という不安を覚えることでしょう。

 

しかし、橋本病との付き合い方をきちんとしたものにすれば、仕事を続けることは可能ですし、仕事での制限などを気にする必要はありません。

 

◆橋本病と仕事の関係について

橋本病を発症した場合も、何の制限もなく仕事を続けることができます。しかし、集中力の低下や疲れやすいなどの症状があるために、仕事によっては何らかの支障がでることが考えられます。

 

仕事を続けるか否かは、その症状の度合などを考慮し、体調や主治医との相談が必要です。

 

また、橋本病にはこれといった根本的治療法もなく、日によって体調が異なることから明確な基準がなく、判断が難しい場合もあるでしょう。そのような場合には、1人で悩まずに、病気の報告も兼ねて上司に相談してみるとよいでしょう。

 

ただし、橋本病はストレスに左右されやすい病気ですから、あなたの仕事が橋本病に関係しているということはくれぐれも忘れないように。

  

◆橋本病に仕事が関わっていたら…

現在の仕事によるストレスが橋本病に関わっていると感じたら、十分に休息をとることも必要になってきます。体をしっかりと休めるために睡眠を十分にとるとか、薬の効果が現れて楽になるまでは休むなどの対策を行いましょう。

 

橋本病は発症することにより外見が変化することがない分、周りの人から理解されにくいかもしれません。しかし、症状が治まり薬の効果も出てくれば通常通りに仕事が可能になります。

 

それまでは決して無理をしないように、自分の体をいたわってあげることを心がけましょう。

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

橋本病に関する記事

経過観察中の橋本病で体がつらいときどうすればいい?その対処法とは

  ホルモンの過剰分泌や過少分泌の病気では、『経過観察』という治療方法が採用さ...

橋本病の治療法はただ一つ

甲状腺の機能が低下したまま治療しないで放置していると、様々な臓器の働きにも影響が...


チラーヂンを飲み忘れてしまった!一体どんな症状が出るの?

喉にある甲状腺の機能が低下し、全身にだるさなどが出てくる橋本病の治療に使われ...

チラーヂンとの飲み合わせに注意!メチルエフェドリンって何だろう?

チラーヂンは橋本病など、甲状腺機能低下症の治療に用いられる薬です。そんなチラ...

カラダノートひろば

橋本病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る