カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液検査で測定する電解質ってどういう働きをしてるの?ナトリウムとのバランスが重要なクロールとは?

健康診断・健康管理

血液検査で測定する電解質ってどういう働きをしてるの?ナトリウムとのバランスが重要なクロールとは?

 

健康診断の血液検査などで測定する電解質にはナトリウム、カルシウム、カリウムなどがあります。

体の中に適切に電解質があることは人間の健康にとって非常に重要なため、電解質からも健康状態を測ります。

 

●クロールとその基準値

ナトリウムやカリウムと同じようにクロールも電解質のひとつで、Clとあらわされます。

クロールは単体で摂取するのではなく食塩で摂取することがほとんどなので常にナトリウムとかかわっている電解質と考えてください。

基準値は電極法で98-108mEq/l高すぎたり低すぎたりすると見ず代謝異常や塩基平衡に問題を引き起こす疾患が疑われます。

 

●クロールとナトリウム

ナトリウムとクロールのバランスはクロール5:ナトリウム7の比率を保っているのがベストです。

ナトリウムが多くなればクロールも少し多くなり、クロールが少なくなればナトリウムも少なくなるといったように、比率を保ちながら上下するのが普通です。

 

●クロール高値、ナトリウム高値は脱水の可能性

血中クロールと血中ナトリウムが両方多い場合には、血液の水分が失われて相対的に2つの電解質の量が多くなっている可能性があります。

病気とまでは言えませんが、脱水状態になると血中クロールと血中ナトリウムの両方が多くなることがわかっています。

激しい運動をしたときや風邪で下痢などを起こした時には脱水状態になりやすく、注意が必要です。

 

クロールは電解質の一種で、ナトリウムとのバランスも見ながら健康状態を判断しています。

クロールが少ない場合には尿崩症やアジソン病などの可能性があり、クロールが多い場合には腎不全や脱水などが考えられます。

一時的な原因によってクロール・ナトリウムの値が変わることももちろんあります。

 

(Photo by: [http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/02/10/10/17/woman-263331_640.jpg?i])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査項目に関する記事

HbA1cは急激に下げると危険?血糖の状態を表す数値の1つHbA1cについて

  HbA1cという名称を聞いたことがあるでしょうか。これは、ヘモグロビン...

鉄分の量が高すぎてもダメ?血清鉄量の増加からわかる病気やその検査

血液内に存在する鉄分は酸素と結合するために用いられ、鉄分が不足すると体内に酸...


尿蛋白を下げる食事とは?検査方法から異常値の原因や対処法について

尿蛋白は、尿検査で調べることが出来ます。この検査により、通常は症状が現れにく...

血中のカルシウムと副甲状腺ホルモンの関係

  カルシウムというと骨や歯のイメージが先行すると思います。体の中のほとんどの...

カラダノートひろば

検査項目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る