カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 転移・再発 >
  5. 転移ガンと共存するってどういうこと?糖尿病と同じようにガンと付き合えるの?

ガン・悪性腫瘍

転移ガンと共存するってどういうこと?糖尿病と同じようにガンと付き合えるの?

 

一度ガンになってしまうと、再発や転移の心配は常にありますし、再発したときにまた精神的・体力的につらい治療を行うのかと思うと怖いという方もいます。

そんな中で注目を集めているのが転移ガンと共存していく方法です。

 

●糖尿病と同じようにガンと付き合える!?

ガンが転移していたとしても上手に付き合って天寿を全うする、という治療法を説いているのが金沢大学がん研究所腫瘍外科の高橋豊氏です。

例えば糖尿病は食事制限や運動などを行えば上手に付き合って行ける病気で、ガンもそのような病気と同じと考えるということです。

ガンをすべて死滅させて健康にするというのではなく、日常生活に問題のない範囲ならガンが体に眠っていてもよいという健康観です。

 

●抗がん剤の投与量が違う!

転移ガンとも共存していくための治療法を『ガン休眠療法』と呼んでいますが、一般的なガンの治療と一番違うのは抗がん剤の投与量です。

休眠療法では一般的なガンの治療法に比べると抗がん剤投与量が少なく、個人差も考慮して投与します。

・休眠療法のメリット:副作用が軽く、医療費が安価になりやすい

・休眠療法のデメリット:長期間の治療が必要、腫瘍縮小効果は高くはない(日常生活に影響を出さないように調節はしています)

 

転移ガンとうまく付き合うための治療法がガン休眠療法というもので、従来の治療に比べると抗がん剤の投与量が少なくなるのが一般的です。

現在のところは、従来の治療法とくらべて完全に優位とは言い難いですが、副作用が少ないなどのメリットがあることから全国的に臨床試験が行われるようになりました。

長期的に見て長生きするための方法として転移ガンの休眠療法を考慮してみてもよいかもしれません。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/17/08/22/girl-70266_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

転移・再発に関する記事

ガンを完治とみなすには平均5年程度かかる!ガンの転移を防ぐために行われる治療

  ガンは一度手術をして腫瘍を取り除いたらそれで完全に終了というわけではありま...

日本人に多い3つのガン、大腸ガン・胃ガン・肺ガンの再発率を知ろう!

  ガンの治療がやっと終わったと思ってもすぐに安心はできないという方が多いでし...


がんの骨転移には痛みの緩和が必要! 骨転移に対する治療とは

  がんが原病巣から移動して、身体の他の箇所に新しい腫瘍が形成されることを、転...

再発を乗り切る3つのコツ

がんといえば再発の可能性は切っても切り離せません。特に病期ⅢからⅣの場合は再発率...

カラダノートひろば

転移・再発の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る