カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. その他 >
  6. 血糖値が上がるとなぜダイエットが妨げられるの?インスリンと脂肪の関係

美容・ダイエット

血糖値が上がるとなぜダイエットが妨げられるの?インスリンと脂肪の関係

 

 血糖値が上がる=食事をする、のため血糖値が上がるとダイエットが妨げられるのは当たり前ではないか、と思います。しかし、血糖値があがるだけではダイエットの妨げになりません。本当の原因はインスリンの過剰分泌であり、ダイエットを促すためにはインスリンの過剰分泌を防ぐ必要があります。今回はインスリンの過剰分泌がダイエットを妨げる仕組みと、インスリンを過剰分泌させないポイントをまとめます。

 

 

インスリンの過剰分泌が脂肪の消費を妨げる

 

血中の血糖値を低下させようとすると、血液から糖が少なくなる分ほかの体の部位に糖を貯める必要があります。初めは肝臓や筋肉に糖を貯めるのですが、肝臓や筋肉の糖の容量がいっぱいになってしまうと糖をエネルギー貯蔵に便利な脂肪に変換し、体のまわりに蓄えていきます。この働きのおかげで血中の糖の量が一定に保たれているのですが、ダイエットをしている方にとっては嬉しくない作用です。インスリンが過剰に分泌されている状態で運動すると、血液中の糖ばかりをエネルギーとして利用してしまいます。この結果、脂肪を分解してエネルギーとして消費する、といったことが行われにくくなり、運動しても脂肪が減らないといった状態になってしまいます。このためインスリンの過剰分泌はダイエットを妨げてしまうのです。

 

 

インスリンを過剰に分泌させない方法

 

 インスリンが過剰に分泌される原因には血糖値が関係してきますが、ただ食べ過ぎるだけが原因ではありません。空腹が続いたあとに食事をとり、食事の糖の量が少なくても血糖値の急激な上昇を起こしてしまい、インスリンを過剰に分泌させてしまいます。また、だらだら食べていると常にインスリンが分泌されている状態にしてしまい、インスリンの効果が体の中で感じ取られにくくなります。効果が感じ取られにくくなった分、過剰にインスリンが分泌するようになります。このようなことを起こさないためにも以下のポイントが大切です。

 

・食事の間隔をあけ過ぎない

上記にも書いた通り、食事の間隔をあけ過ぎると血糖値が食事量以上に上がってしまいます。3食を規則正しく食べるように気を付けてください。

 

・だらだら食べない

こちらも上記に書いた通り、インスリンの効果が薄くなる原因となります。テレビを見ながら食べる、などだらだら食べる状況を避けるようにしてください。

 

・定期的に運動をする

運動はインスリンの効果を感じやすくさせるといわれています。日ごろから買い物・仕事に行く時に車を使わず、歩いたり自転車を使用したりしてください。

 

・清涼飲料水などの甘いものを控え

清涼飲料水やお菓子に含まれている糖は、いくつかある糖の種類の中でも腸で吸収されやすい糖です。急激に吸収、血糖値上昇が起こりやすいため、なるべく食べるのを避けてください。

 

 インスリンの過剰分泌を防ぎ効率よくダイエットしてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/04/13-377662.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ダイエットにおけるストレスの悪循環 ストレスはこまめに発散!

  痩せたいからダイエットをしているのに、ダイエットをしていることがストレスに...

健康・ダイエットのためにお弁当を作ろう!

    働いているサラリーマンやOLにとって、お昼ご飯に何を食べるかとい...


体の外から取り入れた酵素はきちんと働くのか?酵素ダイエットの効果とは

  有名人が実践している方法として知られるようになったのが、酵素を用いた酵素ダ...

体のストレス反応としても見られる過食のメカニズム

  普段ストレスで太ってしまうという人は、ダイエットでのストレスに気をつけた方...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

その他の記事ランキング

人気体験談ランキング

美容・ダイエットのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る