カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. 子どもの糖尿病の原因…遺伝的:後天的=50:50

生活習慣病

子どもの糖尿病の原因…遺伝的:後天的=50:50

 

糖尿病というと、生活習慣の蓄積から生じた大人の病気のイメージがまだ強いと思います。しかし実際、糖尿病は子どもにも生じる疾患であり、タイプによっては子どもに多く発症します。

 

子どもに多い糖尿病って?

糖尿病には1型と2型がありますが、そのうちの1型糖尿病というのが子どもに多く発症する糖尿病です。糖尿病はインスリンの働きを除いて説明することができませんが、1型糖尿病ではこのインスリンの分泌能力がほとんどありません。逆に大人に多く見られる2型糖尿病では、インスリン分泌の仕方が悪くなったり、効きが悪くなると言った程度です。

ふつう小児糖尿病というのは、乳幼児にも見られ、10歳から15歳の間に発症年齢のピークがある、1型糖尿病を指します。

 

小児糖尿病の原因について

以前は遺伝によるものとされていた

それまで糖尿病は生活習慣によるものというイメージが強かったからか、小児で糖尿病になる、しかもインスリンの分泌がほぼないということは、遺伝によるものであるという見方が強かったようです。しかし実際には、1型糖尿病が血縁者に見られることは少なく、同じ遺伝子を持つ一卵性双生児であっても、両者が糖尿病になるのは4割から5割程度ということが分かっています。これらのことから遺伝による影響は完全に否定できないとは言え、それ以外の条件も大きく影響していると言えます。

 

遺伝的原因50%、後天的原因50%

遺伝だけが原因でないとしたら、他にあるのは後天的な原因です。小児糖尿病では発生原因は遺伝的原因と後天的原因が半分半分だとされています。

 

後天的原因って?

後天的な原因として考えられているのが、

ウイルス感染

化学物質の影響

などです。これらの影響を体が受けることによって、免疫細胞がつくられ、この免疫細胞が、膵臓でインスリンをつくるβ細胞を攻撃し、破壊してインスリンをつくれなくなるとされているのです。

 

遺伝に関しては、遺伝子によって発病が決まる類の遺伝ではなく、体質が遺伝することによって、小児糖尿病になるのだと考えられています。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/04/16-360947.php?category=51])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

腸内細菌の内容が違う?1型糖尿病の発症に関係するかもしれない、腸内細菌バランス

   免疫システムは生きる上で非常に重要ですが、時にそれが誤作動を起こすことが...

甘い飲み物は過剰な糖摂取につながるかも!?○○な症状があったらペットボトル症候群を疑おう

  夏の水分補給はこまめにしなければいけません。また、できるだけただの水ではなく...


糖尿病が多い国ランキングからみえる、食事に隠れた糖尿病リスクを知って予防しよう

世界的に増加し続けている糖尿病。その国の食生活によって、糖尿病患者の数にも大き...

1型糖尿病を発症する患者は「腸内環境」の構成が違った!健康体とどこが違う?

   小児の糖尿病というと多くは「1型」の糖尿病です。この1型糖尿病に関して、...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る