カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 腎症 >
  6. 合併症、糖尿病性腎症の原因は「高血糖」

生活習慣病

合併症、糖尿病性腎症の原因は「高血糖」

 

糖尿病は血液の不健康によって生じる病気です。血液は人が体を動かす上で欠かせないものですし、他の臓器が働くためにも必須です。だからこそ、その血液が不健康になってしまうと色々な場所で不具合が生じます。

 

糖尿病性腎症

糖尿病の合併症として有名な疾患のひとつが腎臓の病気です。腎臓は血液が運んできた体内の不要物を、尿に溶かして排泄してくれる器官です。しかし糖尿病が原因で、この腎臓の機能が低下し、腎症が進んでいくと、最終的には人工透析をしないと生命の維持ができなくなることがあります。

 

腎症の原因は高血糖

糖尿病から糖尿病性腎症を発症する原因は高血糖な血液にあります。

腎臓は上記の通り、血液をろ過する場所です。腎臓の中にある糸球体と呼ばれる組織があります。これは細小血管が集まったもので、左右の腎臓の中におよそ100万個ずつあります。このそれぞれの糸球体の中で血液のろ過が行われているのです。糖尿病性腎症は、これらの糸球体の血管が細くなることで、十分なろ過機能を果たせないために起こるのですが、その血管機能低下に影響しているのが高血糖です。

 

詳しいメカニズム

正常な場合、糸球体ではたんぱく質や赤血球、白血球などを通過させず、水やミネラル、老廃物だけを通過させて尿の元になるものを作ります。しかし高血糖によって血管の機能が低下すると、血管がかたく、細くなるためにろ過能力が低下してしまいます。その結果、通過させなければいけないものが通過できなくなっていき、最終的には尿が出にくくなって、体に害のあるものが蓄積されていってしまいます。

 

高血糖による血管の機能低下は、腎臓だけでなく他の場所にも悪影響を及ぼす原因となります。高血糖だからと言って体が痛くなったり、不調が出るわけではありませんが、先のことを見据えて治療にあたりましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/24-374409.php?category=279])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎症に関する記事

危険!糖尿病と腎臓病は合併して起きるって本当?

  糖尿病は日本の国民病の一つです。 初期の糖尿病患者、糖尿病傾向者も含...

あなたは腎臓の検査をしたことありますか?糖尿病なら誰でもするべきな腎臓検査

   糖尿病が原因で最終的に人工透析を受けている人は少なくありません。実際透析...


腎臓機能と高血圧はとても深い関係にある!高血圧によって起こる腎障害とは?

  高血圧は様々な合併症を引き起こす可能性があります。 合併症の中のひとつで...

糖尿病患者の3人に1人が糖尿病性腎症を発症!透析を受ける患者は10万人

  腎臓病は国民病になりつつあると言われています。というのも、糖尿病という...

カラダノートひろば

腎症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る