カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 家族 >
  5. ガン患者の家族もストレスには要注意!ガン患者家族がなりやすい病気、うつ病や適応障害

ガン・悪性腫瘍

ガン患者の家族もストレスには要注意!ガン患者家族がなりやすい病気、うつ病や適応障害

ガン患者本人はもちろん、つらい治療や死の恐怖と向き合わなければならず精神的負担が大きいのですが、家族も精神的負担を抱えます。

愛する人が死ぬかもしれない恐怖や普段とは違う生活、ガン患者の不安を受け止めているうちに、ストレスが溜まる可能性ももちろんあります。

 

●ガン患者家族がなりやすい病気-うつ病や適応障害-

埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科の大西氏によれば、ガン患者の家族の10-50%に不安・抑うつ状態があることがわかっているそうです。

 

不安・抑うつ状態は適応障害やうつ病の一歩手前ですので、ガン患者の家族の半数はいつうつ病になってもおかしくない状態と言っても過言ではないのです。

 

うつ病も適応障害も落ち込みが激しかったり、異常に緊張して眠れないなどの症状が出ます。うつ病では原因があまりはっきりしませんが、適応障害では原因となる状況がはっきりすることが多いのが特徴です。

 

●心と体の両面からストレスをチェック

心と体の両方からストレスチェックをしてみます。直近2週間程度で以下に挙げる項目のうちいくつ当てはまるかをチェックしてください。

 

・心の症状

□意味もなく泣けたり、急に怒り出してしまう

□患者の話をじっくり聞く心の余裕がない

□人づきあいがどうでもよい

□常に焦っている

□仕事や家事などに集中できない

 

・体の症状

□眠れないもしくは時間的に足りていても眠った気がしない

□体重の増減が激しい

□食欲がなくなるもしくは異常に食欲がある

□体がだるく、すぐに疲れる

□めまいや微熱が続いている

 

以上10個の項目のうち4個以上当てはまっている場合はストレスから病気になる可能性が高いです。

 

ガン患者家族に対するサポートを受けることを検討してみてください。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

家族に関する記事

いざという時はソーシャルワーカーへ

がんの治療はチーム医療といわれています。チームを組んで総合的にケアすることが、が...

在宅医療と家族の介護休業

がんの在宅治療を選択する場合には、家族の協力が必要とされます。家族全員が働いてい...


家族がガンと診断された…まずは何をすべき?

  ガンの診断は命にかかわるものというイメージも強く、ガンの診断を受けた本人も...

がん患者の家族の心に起こる3段階の変化

治療をしていく度にがん患者の心に変化がみられるように、がん患者の家族の心にも変化...

カラダノートひろば

家族の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る