カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. クローン病 >
  5. クローン病って治らないの?クローン病と向き合おう。

気になる病気・症状

クローン病って治らないの?クローン病と向き合おう。

 

現在日本にはクローン病だと、登録(特定疾患登録)されている患者さんが2万人~3万人います。クローン病を発症する年齢は10代~20代に最も多く見られ、厚生労働省では、特定疾患(難病)だと認定している病気でもあります。クローン病は治らない病気なのでしょうか?また、どのように、向き合っていけば良いのでしょうか。

 

 

◆クローン病は治らない?

クローン病は、現在の医学では完治しない病気だとされています。しかし上手に付き合えば普通の生活を送ることは可能です。

 

もちろん症状には軽度な方もいれば重度の方もいるので、個人差はとても大きいですが、毎日の生活を十分に気をつけて、医師の指導をしっかり守り、食事療法をちゃんと取り組むことで、普通の生活を送ることが出来る方も多く存在します。

 

◆クローン病と向き合うためには?

【病気とメンタルの深い関係性】

クローン病には、メンタル面での影響が非常に大きいと考えられています。これは、クローン病に限らず、様々な病気でも同じことが言えますが、メンタルの健康度が病気の症状を悪化させたり、緩和させる可能性を秘めています。

 

ストレスを軽減させてみたり、自分の好きな趣味を探す・挑戦してみることで、楽しい・ワクワク・ドキドキ・癒しなどの感情で心が満たされると、病気の症状も自然に和らいで行きます

 

【自分流の定義をもつこと】

クローン病と診断された途端、「クローン病」という意識が頭に焼きつき、「予後」「余命」「過去の症例」「統計データ」など・・・次々にマイナスな情報が頭の中に入ってくる方もいらっしゃると思います。。

 

もちろん、病気に対しての心配や不安から、どうしても見えてくる現実なのかもしれませんが、マイナスな情報を得ることで、プラスの面や、改善させる方法などに目が向かなくなってしまい、メンタル面がどんどん弱くなってしまう結果に陥ってしまいます。

 

ある程度クローン病の内容を知れた後には、メンタルをしっかり前向きに保てるように、クローン病になっている方々のブログを拝見したり、医師に過去の患者さんの話を聞いたり、「病気は個性、完治ではなく共に生きていくのだ」と意識を変えてみたりする自分なりの定義を作ることも大切です。

 

 

厚生労働省特定疾患の認定を受けている病気という事は紛れも無い事実ではありますが、かと言って、回復が見込めず、将来の期待が出来ない病気かというと、そうではありません。

 

もちろん医師の指導をしっかり聞き入れ・受け入れなければなりませんが、中には「健康な食事を継続して食べるクローン病の患者さんが一番長生きをするのではないか?」と口にする医師もいるほどです。健康な体を保つように心がけ、メンタルも強く生活できるように心を鍛えることも大切です。

 

Photo by: //www.ashinari.com/2013/02/07-376132.php?category=265

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

クローン病に関する記事

抗TNF-α剤の自己注射と一緒に体調管理ノートを記録しよう!

  クローン病を抗TNF-α剤の自己注射でコントロールできるようになったら...

「クローン病」ってどういう病気なの?

  「クローン病」という病名を聞いたことがあるでしょうか?あまり一般的な病...


高エネルギー、低脂肪、低残渣…クローン病の食事管理

  クローン病は消化器系のあらゆるところに炎症が起き、腹痛と下痢が起こりま...

近年増えているクローン病って?

近年増えているクローン病って?クローン病は口から肛門までの消化管(特に小腸や大腸...

カラダノートひろば

クローン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る