カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 有料老人ホーム >
  5. 介護もあり?有料老人ホームってどんなところ?高齢者向けの施設について

介護・認知症

介護もあり?有料老人ホームってどんなところ?高齢者向けの施設について

 

最近、増えてきている高齢者向けの施設ですが、色んな種類があってどんな施設かな?と思っている人も多いかと思います。その中の有料老人ホームについてみていきましょう。

 

・介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、都道府県の指定を受けた特定施設入所者生活介護で、介護保険の施設となります。なので、介護保険の認定を受けている要介護1~要介護5までの方が利用できます。要支援の場合は、その施設が、介護予防特定施設入所者生活介護の指定を受けていれば入所可能です。どちらも介護サービス費用は、1割負担です。

 

・住宅型有料老人ホーム

有料老人ホームの居住地を「在宅」として、外部の在宅介護サービス(訪問介護や通所介護などの介護保険サービス)を利用しながら生活することができます。常駐の職員はいますが、食事の提供や簡単な介護しかできないので、日常生活に不安がある人、または要介護認定を受けている人は、担当のケアマネジャーに相談しましょう。外部の介護サービスを利用する場合は、介護サービス費の1割負担がかかります。

 

・健康型有料老人ホーム

介護サービスが必要になれば、退去をしなければならないのですが、住宅型へ移行する場合もあります。基本、自立の方が対象なので、介護サービス費はかかりません。

 

 

基本費用として、居住費、食費、管理費、光熱費です。その他、おむつやレクリエーション費などが必要な場合は実費負担です。医療費も別途でかかります。

また、入居一時金もかかるところもあるので、入居を検討される場合は、事前に下見に行って施設の担当者に聞いてみるといいでしょう。

(写真://www.ashinari.com/2014/04/06-387939.php?category=2)

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

有料老人ホームに関する記事

知っておこう!有料老人ホームの特徴と費用

有料老人ホームの特徴をまとめました。   定義・利用条件 65歳以上の高齢...

有料老人ホームの特徴を知ろう!タイプ1-健康型有料老人ホーム

  大きく分けて3タイプある有料老人ホームのうち、健康型有料老人ホームにつ...


有料老人ホームは誰でも入れるの?種類と入居条件などの注意点

    有料老人ホーは高齢者向けの居住施設です。最近では、増加傾向にあり様々...

有料老人ホームの特徴を知ろう!タイプ2-住宅型有料老人ホーム

大きく分けて3タイプある有料老人ホームのうち、住宅型有料老人ホームについてご説明...

カラダノートひろば

有料老人ホームの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る