カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 介護老人保健施設 >
  5. 介護老人保険施設(老健)ってどんなところ?介護保険の施設について

介護・認知症

介護老人保険施設(老健)ってどんなところ?介護保険の施設について

 

 

介護保険施設には何種類かありますが、それぞれ違った目的をもっています。

介護老人保健施設はどんな施設でしょうか?

 

 介護老人保健施設略して、老健(ロウケン)とは、この介護老人保健施設の事で、自宅で生活するのに、日常生活に介助が必要医療も必要としている人の入居施設です。骨折や病気で病院に入院していて、病気に対する治療は終わって、いざ退院をするときに、「もう少しリハビリをして日常生活動作が軽介助で出来るようになってからでないと在宅生活が難しい」など、医療面でもサポートが必要であり、介護がなくては日常生活が送れない人が、在宅復帰を目指して一時的に入所する施設( 自宅と病院の中間施設)で、日常生活等の介護、リハビリテーションやレクリエーションなどの機能訓練を行うといった目的の施設です。

 
<入所できる人>

 

65歳以上の高齢者

 

・介護保険の認定を受けている人で要介護1以上の人

 

・伝染病などの疾患のない人

 

・長期の入院を必要としない人

 

・胃ろうやチューブなど経管栄養の方

 

・酸素やたん吸引が必要な方

 

高度な医療ケアを必要とする人でも安心して入所することができます。

 

 <どんなサービスが受けられるの?>

 

老健には、看護師や、介護スタッフ理学療法士管理栄養士などの各専門分野のスタッフがいます。

食事や入浴、排せつなどの日常生活全般に関わる身体的なお世話や、医師からの指示を受けて療養上に必要な医療ケアを受けることができます。理学療法士による、積極的なリハビリや機能訓練がメインで行われます。リハビリが主な活動内容なので、レクリエーションはあまり充実していない事もあります。

 

 

老健によって、サービス内容や、入所できる期間が異なっているので、直接行って話を聞くか、担当のケアマネジャーに相談して、その施設の特徴を知ったうえで、入所の検討をしましょう。

 

(写真://www.ashinari.com/2009/06/30-023391.php?category=52

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

介護老人保健施設に関する記事

介護老人保健施設の医療ケアの特徴

  介護老人保健施設は医療ケアをしてくれるという点がとても特徴的です。   ...

入所したときから退所を目標にする?介護老人保健施設の位置づけ

  老健と呼ばれることもある介護老人保健施設は介護保険による施設サービスのひと...


費用や入所までの流れは?介護老人保健施設のあれこれ

      介護老人保険施設(老健)の入所を考えている方に入所までの流れと...

まずはどうすればいい?介護老人保健施設の活用法について

 介護老人保健施設の役割・メリットを挙げます。 これを参考に施設の利用を考...

カラダノートひろば

介護老人保健施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る