カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 介護老人保健施設 >
  5. 費用や入所までの流れは?介護老人保健施設のあれこれ

介護・認知症

費用や入所までの流れは?介護老人保健施設のあれこれ

 

 

 

介護老人保険施設(老健)の入所を考えている方に入所までの流れと、費用など知りたい情報を分かりやすくまとめてみました。

 

 

 <老健の入所までの流れ>

 

65歳以上の高齢者で、要介護1以上の人が入所の対象です。また、施設によって入所の判断基準が異なります。

入所の申し込みは、基本的に家族が行います。その施設へ行き、申込書を貰って、記入後、直接、施設へ申し込みに行きます。

主治医の意見書や診断書が必要で、施設によっては、入所前にその施設を運営している病院で検査をする必要のあるところもあります。

本人の健康状態や介護の必要性や、医師の診断書を元に、本人に面談を行い、入所の判定会議が行われます。その結果、入所が可能であれば、施設から入所日や契約の具体的な連絡があります。

 

 注意事項:老健は、在宅復帰が基本となるので、入所期間は3か月~長くても1年(3か月ごとに継続の必要性があるかどうか会議にかけられます。)なので、その間に次の施設を探すか、自宅へ戻るか決めなければいけません。

 

 *老健入所中は、その施設のケアマネジャーが担当になりますが、退所のする時は、在宅担当のケアマネジャーが必要です。入所前に在宅サービスを利用していた場合は担当のケアマネジャーがいるので、そのケアマネジャーに連絡して、在宅復帰に向けて話をしましょう。

 

<費用について>

 

入所に必要な費用は、部屋代、食費、管理費、光熱費、日常生活にかかる雑費などです。

おむつは、施設が負担しますのでかかりません。

部屋代は、個室か多床室(24人)かによっても違います。大体の目安としては7万円~15万円くらいです。

*介護保険施設へ入所する場合は、世帯の収入に応じて「負担限度額」が適用されるので、入所前に手続きを行ってください。世帯の収入に応じて、食費と部屋代の補助が受けられます。詳しくは施設の担当者に聞いてください。

 

分からないことは、施設の担当者かケアマネジャーに相談してください。詳しく教えてくれますよ。

 

(写真://www.ashinari.com/2014/04/01-387842.php?category=2

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

介護老人保健施設に関する記事

介護老人保健施設(老健)の基礎知識

 「老健(ろうけん)」とも呼ばれる、介護老人保健施設の特徴をまとめました。 ...

入所者とその家族の役割とは

  数ある福祉施設の中のひとつが介護老人保健施設です。これは介護保険制度によっ...


入所したときから退所を目標にする?介護老人保健施設の位置づけ

  老健と呼ばれることもある介護老人保健施設は介護保険による施設サービスのひと...

介護老人保険施設(老健)ってどんなところ?介護保険の施設について

    介護保険施設には何種類かありますが、それぞれ違った目的をもっています...

カラダノートひろば

介護老人保健施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る