カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. アジソン病 >
  5. 爪に黒い線が…もしかしてアジソン病?こんな爪、皮膚の特徴があったらアジソン病!

気になる病気・症状

爪に黒い線が…もしかしてアジソン病?こんな爪、皮膚の特徴があったらアジソン病!

爪に黒い線のようなものが出来る病気に、ホルモンの異常が原因となる【アジソン病】という病気があります。

このアジソン病とは一体どんな病気なのでしょうか?

そして、なぜ爪に黒い線が出来てしまうのでしょうか。

 

◆なぜ黒い線が出来る?

黒い線は先ほど文頭でも述べたように、ホルモンの異常によって起きてしまう現象です。アジソン病の特徴として、全身の皮膚が黒くなってしまい、全身の倦怠感・疲労感・脱力感・低血圧が進行してしまいます。

 

症状が進行することで、皮膚はだんだん黒くなってしまい、爪には黒い線が現れるようになります。皮膚の黒色化は、なかなか気付きにくいのですが、爪の黒色化は比較的毎日目にする個所なので、気付きやすいとされています。しかし黒色化する速度もとても遅く、明確に確認できるまでには時間がかかってしまいます。

 

◆アジソン病の爪の特徴とは?

爪の表面がデコボコしている・黒くはないが縦線がある・・・などと、自分の爪を見て気付くことがあるかもしれません。しかしデコボコしている爪や、縦線があるなどの症状は、単純に爪の老化現象だといえます。

 

更に、ほくろのような黒い点や、黒い縦線のようなものでも、一部の爪にしか現れていない&時間の経過と共に、消えてしまうなどの場合には、メラニン色素が関係しているだけの現象なので、アジソン病とは違い、区別もつきやすいです。

 

アジソン病の爪は、黒い線が手だけでなく足の爪にも現れ、1枚だけでなく複数の本数に見られます。これらの爪の症状を見ることで、アジソン病なのか、老化現象・メラニン色素の関係なのかを判断できます。

 

◆爪以外にも?

上記で述べたように、アジソン病は、爪だけでなく皮膚の色素沈着も特徴です。特に膝や肘、腰や肛門周辺、脇の下などに色素沈着が見られ、稀に陰毛やわき毛が少なくなるという症状もみられます。

 

さらには、男女共に共通な症状として、性欲の減退が見られることもあります。食欲が極端に低下してしまったり、疲労感・倦怠感を感じてしまい、生活にも支障がでてしまうこともあります。様々な症状が見られるアジソン病ですが、その原因は特定できないケースが多いです。 

 

アジソン病の治療法としてもちいられる方法は副腎皮質ホルモン、ステロイドの投与が一般的です。それだけでなく、塩分をしっかり摂るように指導されたり、感染が疑われている場合には感染治療から取り組むケースもあります。 

Photo by: //www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アジソン病に関する記事

気付く事が難しい難病「アジソン病」の症状と検査方法

  「アジソン病」、難病、と聞くと大きな症状が出て大変なことになると考える...

ケネディ大統領も罹っていた*アジソン病は色素沈着が特徴的

  副腎皮質の後天的な機能障害によってホルモンを作れなくなる「アジソン病」では...


副腎皮質の機能が低下するアジソン病の治療薬

副腎皮質の機能が低下するアジソン病では、体内で作られる副腎皮質ホルモンと同じ...

副腎皮質の病気「アジソン病」は治る?

  副腎皮質という言葉は、ステロイドの使用に慣れている方は一度は聞いたこと...

カラダノートひろば

アジソン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る